「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
禁煙促進のために増税を
 時代は禁煙を求めている

 安原和雄
 大阪府立健康科学センターの調査によると、喫煙者の7割がニコチン依存症に悩んでいる(2005年11月7日付朝日新聞)。喫煙は単に本人の健康を害するだけではない。タバコを吸わない周囲の人までが、いわゆる受動喫煙(間接喫煙)によって健康を損ねるなどの弊害が少なくない。禁煙を促進するために仏教経済学の視点から何ができるだろうか。タバコの大幅増税など喫煙者への思い切った負担増を提案したい。


「安原和雄の仏教経済塾」に10月28日「説法・日本変革への道」を掲載、その中で「健康のすすめ」の医療改革案を提案した。その柱のひとつが生活習慣病の場合、医療費の本人負担を5割に引き上げるというものである。これに対し読者から次のコメントが寄せられた。

 「喫煙者は、自分と他人のいのちを粗末にすることであり、仏教経済学のいのち尊重と非暴力の考えに反する。本気で禁煙を奨励するのであれば、生活習慣病と同じように喫煙者の保険の本人負担を引き上げるとか、タバコ税を増税して、福祉に回すことを検討してはどうか」と。適切な意見と評価したい。

 時代の流れは禁煙へ、嫌煙へと向かっている。日本たばこ産業(JT)の「平成17年全国調査」によると、成人でタバコを吸う人の割合は男性45.8%、女性13.8%で、全体としては漸次低下の傾向にある。しかし20歳代、30歳代の若い女性の喫煙率が2割強と高い水準にあることは軽視できない。

 新幹線では禁煙車両が増えている。関東の私鉄大手は全面禁煙になっている。受動喫煙の防止を法律上義務づける健康増進法が03年5月から施行されたのがきっかけである。同法は次のように定めている。強制ではないが、対象施設では全面禁煙を促進することをめざしている。

▽多数者が利用する施設を管理する者は、受動喫煙防止に必要な措置を講ずるよう努めること。怠っても罰則はないが、努力義務とされている。
▽対象となる施設は、学校、体育館、病院、劇場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店など。「その他」としてバス、タクシー、航空機、駅、商店、旅館、金融機関、美術館などが明示されている。

 なぜ禁煙は望ましいのか。
 第一は他人の健康を害する権利はないこと。
もちろん本人の健康上、著しくマイナスという弊害は軽視できない。しかしそれ以上に受動喫煙による他人の健康被害を無視できない。「喫煙は嗜好の問題であり、自分の健康は自分の責任で対応する。私の勝手でしょ」という認識がまだ根強いが、これは間違っている。誰も他人の健康を害する権利は与えられていない。喫煙は嗜好の問題ではなく、いまや一種の犯罪であることを自覚したい。

 第二に喫煙者には自己管理能力が欠如していること。
アメリカでは喫煙者は自己管理能力がないと判断され、特に企業経営者の場合、失格という認識が広がっていると伝えられる。自己管理能力が欠落した人物が多数の従業員を抱える企業の管理能力を発揮できるとは考えられないからである。それにアメリカではタバコによる健康被害を理由に賠償・補償を求める訴訟が起こっており、円に換算して「兆」単位の支払いを命じる判決も少なくないと伝えられる。
日本でもやがて企業が喫煙者を「自己管理能力=仕事力・競争力」の不足とみて、雇用に消極的になる時代がやってくるのではないか。「失業したくなかったら、禁煙を」がキャッチフレーズになるのもそう遠い先のことではないだろう。

 第三に禁煙は商売上もむしろプラスであること。
例えば飲食店などでは喫煙者を迎え入れるために禁煙にしていないところがまだ少なくない。喫煙者に敬遠されては「商売不振」という懸念が根強いからである。しかし禁煙に消極的な店から逆に客足が遠のく時代はすぐそこまで来ているとみたい。
神奈川県のひとりの医師は新聞投書で次のように記している。
「あるイタリア料理店では迷った揚げ句、完全禁煙にしたら、売り上げが10%増えたと経営者は驚いている。別の日本料理店は従業員の健康に配慮して完全禁煙にしたら、心配していた客足は伸びたそうだ」と。投書氏は「おいしい料理は、空気の澄んだ店で食べたいものだ」と結んでいる。もう30年も前にタバコを捨てた私としては結びのことばに全面的に賛意を表したい。

 大阪府立健康科学センターの調査では「禁煙したいですか」という質問に「はい」と答えたのは、ニコチン依存症と判定された人のうち6割強である。また7割強が「今までに禁煙を試みたことがある」と答えている。禁煙がなかなか簡単ではないことは、かつて喫煙者であった私としても承知しており、心情を理解できるが、支持することはできない。

 ここでは禁煙に努力する人の背中を押す意味で少々過酷な手法かもしれないが、次のような新たな負担を提案する。
▽喫煙は生活習慣病の一種だから、喫煙に伴う病気は本人負担を5割に引き上げる。
▽タバコ税の大幅増税を実施する。日本のタバコの価格は他の先進国に比べ安すぎるので、少なくとも一挙に2倍に値上げし、値上げ分をそのまま増税分とする。この程度の増税は、他人の健康損害料、迷惑料として当然と考える。

 私は小泉改革路線に大筋では賛成できないが、例の「抵抗勢力」という用語は、この際借用したい。禁煙という時代の流れに「抵抗勢力」として頑迷に踏みとどまるのは、時代感覚から大きくずれている。「無駄な抵抗は止めなさい」と。以上
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
海外から帰ってくると毎回改めて驚くのが、日本の禁煙の場所の少なさです。この辺に法律の罰則規定が入っていきにくいのは、私の予想ですが、国会議員や財界トップなど、もっとも知的で影響力があるはずの人たちでさえ、喫煙者がまだまだ多い日本の特殊事情のせいもあるのではないでしょうか。

たばこ産業は、大きなお金が動くビッグビジネスでもあり、まだまだ国に守られていると感じます。

若い世代の喫煙者が一向に減らないのは、巧妙な宣伝活動の賜物でもあります。たばこのテレビCMや印刷媒体の広告はここ十数年で厳しく制限されるようになりましたが、そのかわりに、若い世代が見るテレビドラマや映画では、最先端のファッションに身を包む登場人物たちがたばこを吸う姿が多く見られるようになりました。巧みなパブリシティで、以前のCM以上の効果を上げていると言えるでしょう。

たばこ=自分や周りの大切な人たちの生きた細胞を傷つける暴力、という認識をもっと高めていきたいですよね。

先生のご指摘の通り、例えばニューヨークなどでは、たばこ一箱800円くらいするらしいです(少し前に聞いた話なので、今はもっと高いかも)?

2005/11/08(火) 20:07:48 | URL | marujun #e0p7.LDY[ 編集]
禁煙と増税
早速、的確なコメントを頂戴しました。次の指摘にはなるほどと感じ入りました。
「若い世代が見るテレビドラマや映画では、最先端のファッションに身を包む登場人物たちがたばこを吸う姿が多く見られるようになりました。巧みなパブリシティで、以前のCM以上の効果を上げている」と。

私は若者たち向けのテレビドラマや映画は見ないので、ご指摘の点には気づきませんでした。たしかに「巧みなパブリシティ」といえますね。
これからは出来るだけ見るよう心掛けましょう。

考えてみると、こういう仕掛けの「パブリシティ」はあらゆる分野にあります。それをひとつ一つ描いていくこともこれからの仕事になりますか。

「たばこ=自分や周りの大切な人たちの生きた細胞を傷つける暴力」とは、今後大いに普及させたい公式といえます。戦争を含む多様な暴力を拒否するのが仏教経済学の立場ですから、その有力な公式として使えます。XX=暴力=拒否という具合に。



2005/11/09(水) 12:43:42 | URL | k.y. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
増税による禁煙促進に賛成です
2005/11/08(火) 11:38:25 | VanVan diary
同じ禁煙、嫌煙の記事でしたのでTBさせていただきました。よろしくお願いいたします。
2005/11/10(木) 00:13:59 | スキー&スノーボードチーム 『ラッチ』  - http://www.team-latti.com/ -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。