「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
平和(=非暴力、簡素)はつくるもの
平和(=非暴力、簡素)はつくるもの                                           安原 和雄
私は仏教経済学の普及に大いなる関心を抱くと同時に「軍隊を捨てた国コスタリカに学び平和をつくる会」世話人でもあります。仏教経済学の立場からいっても平和は重要なテーマであり、戦争には「NO」の立場を堅持します。
ただ肝心なことは平和は守るものではなく、つくっていくものだということです。そういう視点から私の平和観のほんの一端を以下に述べます。2005年10月5日付の毎日新聞に掲載された「憲法9条の改訂に62%が反対」という世論調査結果には心強いものを感じました。

▽平和からほど遠い日本
 日本の平和をどうつくるかを考えてみます。それが地球の平和にもつながっていくと思います。平和とは非戦、すなわち戦争がない状態だと考えている人が多いのではないでしょうか。もちろんこの平和観は重要ですが、21世紀の今日、〈平和=非戦〉にとどまらず、〈平和=非暴力、簡素〉という広い平和観に立って考える必要があります。
 広い平和観からみれば、日本の現状は平和からほど遠いことを教えてくれます。なぜなら日常的に多様な暴力があふれており、しかも生活や経済のあり方が簡素になりきってはいないからです。
 多様な暴力には戦争、テロ、紛争のほかに、凶悪犯罪、自殺、交通事故死、人権侵害、失業、病気、社会的不公正さらに資源エネルギーの浪費による地球環境の汚染・破壊などがあります。日本列島上では幸い戦争やテロなどの暴力は今のところありませんが、それ以外の暴力は日常茶飯事です。

▽簡素な暮らし・経済への転換を
 広い平和観によると、戦争、テロだけでなく、多様な暴力すべてをなくすことが平和です。だから平和とは守るものではなく、つくるものです。では平和をつくるために何をすべきでしょうか。
 まず身近な暮らしのあり方を変えることです。例えば忘れかけている「もったいない」、「いただきます」、「お陰様で」― いのちやモノを大切にすること、生かされ、生きていることへの感謝を表す言葉―を日常の暮らしの中に取り戻すことです。
 2004年度ノーベル平和賞受賞者のマータイ女史(ケニアの副環境相)は05年2月来日、日本語の「もったいない」(MOTTAINAI)に出会い、世界共通語にしようと国連をはじめ世界各地で訴えています。有り難いことです。
 この「もったいない」の精神で廃棄物を大量に出さない簡素な暮らし・経済への転換が平和構築にとって不可欠です。なぜなら廃棄物を大量に排出する浪費的な暮らし・経済は、同時に有限でしかも地球上の一部地域に偏在している石油を無造作に使う石油浪費型であり、こういう暮らし・経済は資源エネルギーの暴力的確保(例えば米国のイラク攻撃と日本の攻撃支援の背景に石油確保があります)につながるからです。マータイ女史は「多くの戦争は資源をめぐって起こる」と指摘しています。

▽憲法9条の改悪阻止と日米安保体制の解体を
正式の軍隊をもつために憲法9条(戦争放棄、戦力不保持)を改悪しようという動きはもちろん阻止しなければなりません。05年10月5日付毎日新聞の世論調査によると、回答者の62%が「憲法9条の改訂に反対」と答えています。「9条を変えるべきだ」は30%にすぎません。このように憲法9条を改悪しないことは国民の意志といえるわけですが、9条を守るだけでは不十分です。なぜなら9条は残念ながら事実上空洞化しているからです。
 9条本来の理念(戦争放棄、戦力不保持)を取り戻す必要があります。現実は日米安保体制、日米軍事同盟を背景に日本の歴代保守政権は平和憲法9条の理念を無視して、戦力を増強してきました。今ではアメリカに次いで英、仏などと並ぶ軍事強国(国家予算ベース)にのし上がっています。
 しかも広大な在日米軍基地網の配置を許容し、アメリカの戦争を支援してきました。最近のイラク攻撃への支援、協力もその具体例の一つです。だから日米安保体制、日米軍事同盟の解体も視野に入れなければ平和をつくることはできません。
 平和憲法の理念と日米安保体制(安保条約第3条で日本は自衛力の維持発展、第6条で軍事基地の許与をアメリに約束しています)とはもともと矛盾し、両立できない性質のものです。だから9条の理念を取り戻すためには日米安保と軍事同盟の解体を長期戦略として打ち出すことが大切です。
以上
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「生活をシンプルにすること=平和を志向すること」という理論は、ヨガや茶道やLOHASもそうですし、風水なんかも結局そういうことを言ってるんだろうと思います。

いろんな方面から、いろんな立場から、たくさんの人が同じ方向を目指していける可能性があるんじゃないでしょうか。

というわけで、いよいよブログ開設ですね!おめでとうございます。がんばっていきましょう(^o^)
2005/10/06(木) 13:23:16 | URL | marujun #e0p7.LDY[ 編集]
平和と簡素
簡潔にして素敵なコメントに感謝します。平和を守れ、だけではもはや不十分です。平和を築くためには一人ひとりの日常の暮らし、生き方を少しでも簡素な方向に変えていくことが大事です。
貪欲よりも簡素、シンプルの方が気持ちもいいでしょう。そういう思いで綴ってみました。
2005/10/07(金) 12:15:21 | URL | kyasuhara #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。