「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
持続可能な未来に向けて踏み出そう
大震災2年、大手紙社説が論じたこと

安原 和雄
 東日本大震災から2年を経た3月11日、大手紙社説はどう論じたか。目を引いたのは、東京新聞社説で、次の書き出しから始まっている。「風化が始まったというのだろうか。政府は時計の針を逆回りさせたいらしい。二度目の春。私たちは持続可能な未来へ向けて、新しい一歩を刻みたい」と。
キーワードは「持続可能な未来」である。地球環境保全のための「持続可能な発展」も広く知られているが、ここでの「持続可能な未来」は、脱原発をめざす合い言葉となっている。ところが安倍政権の原発容認路線は目先の利害に囚われて、「持続可能な未来」に背を向けている。(2013年3月11日掲載。公共空間「ちきゅう座」、インターネット新聞「日刊ベリタ」に転載)

 大手紙社説は東日本大震災から2年の2013年3月11日、どう論じたか。大手5紙の社説の見出しは以下の通り。
*朝日新聞社説=原発、福島、日本 もう一度、共有しよう
*毎日新聞社説=震災から2年 原発と社会 事故が再出発の起点だ
*讀賣新聞社説=再建を誓う日 政府主導で復興を加速させよ 安心して生活できる地域再生を
*日本経済新聞=東日本大震災2年㊦ 福島の再生へ現実的な行程表を
なお日経社説は前日の3月10日付で「東日本大震災2年㊤ 民間の力を使い本格復興へ弾みを」と題して論じている。
*東京新聞社説=3.11から2年 後退は許されない

 以下、5紙社説の大意を紹介し、<安原の感想>を述べる。
▽ 朝日新聞社説
 東京電力福島第一原発で、いま線量計をつけて働く作業員は一日約3500人。6割以上が地元福島県の人たちだという。「フクシマ3500」の努力があって、私たちは日常の生活を送っている。
 事故直後は、「恐怖」という形で国民が思いを共有した。2年経ち、私たちは日常が戻ってきたように思っている。だが、実際には、まだ何も解決していない。私たちが「忘れられる」のは、今なお続く危機と痛みと不安を「フクシマ」に閉じ込めてしまったからにすぎない。福島との回路をもう一度取り戻そう。
 原発付近一帯を保存し、「観光地化」計画を打ち上げることで福島を語り継ぐ場をつくろうという動きも出ている。いずれも、現実を「見える化」して、シェア(共有)の輪を広げようという試みだ。

<安原の感想> 福島との回路をもう一度
 <私たちが「忘れられる」のは、今なお続く危機と痛みと不安を「フクシマ」に閉じ込めてしまったからにすぎない>という上述の指摘は、さり気ないが、重い。だからこそ<福島との回路をもう一度取り戻そう>という呼びかけは重要である。
 日常生活の場を捨てざるを得ない直接の被災者たちと、私(安原)のような東京に住む間接の被災者との間には生活感覚として同一とはいえない。しかしシェア(共有)の輪を広げようという試みは重要であるし、私自身、その感覚は共有できるのではないかと感じている。

▽ 毎日新聞社説 
 高レベル放射性廃棄物は、地下数百メートルの安定した地層に埋める考えだ。しかし、放射能が十分に下がるまでの数万年間、地層の安定が保たれるかは分からない。原子力発電環境整備機構が最終処分地を公募しているが、応じた自治体はない。
 その結果、全国の原発には行き場のない使用済み核燃料がたまり続けている。未来にこれ以上「核のごみ」というツケを回さないためにも、できるだけ速やかな「脱原発依存」を目指すべきだ。
 ところが、安倍政権は原子力・エネルギー政策を3.11以前に戻そうとしているかのようだ。象徴的なのが原発にまつわる審議会の人選だ。 

<安原の感想> 遠ざけられる脱原発派
 末尾の「原発にまつわる審議会の人選だ」は次のことを指している。
 経済産業相の諮問機関、総合資源エネルギー調査会総合部会(原発を含む中長期のエネルギー政策を審議する)では民主党政権時代、24人の委員のうち7人が脱原発派だった。しかし安倍政権下では15人の委員に絞られ、脱原発派は2人に減らされ、原発立地県の知事も新たに加わった。安倍政権下では脱原発派は遠ざけられているのだ。
 脱原発派の排除は権力の傲慢さの表れである。政権に限らず、企業など他の組織も同じで、重要人事をみれば、そのトップの器量の度合い、傲慢度を推察できる。

▽讀賣新聞社説
 東日本大震災から2年を迎えた。国民みんなで改めて犠牲者の冥福を祈りたい。再起に向けた歩みは遅れている。政府が主導し、復興を加速しなければならない。被災者たちは津波の再来に不安を覚えながら、仮設住宅から水産加工場などに通う。
 「収入と安全安心をどう両立させればいいか」。石巻でよく聞かれる言葉は切実だ。復興策が議会や住民の反発を招き、辞職した町長もいる。それぞれの自治体と住民がジレンマに苦しみながら、「街の再生」を模索した2年だったと言えよう。
 被災地のプレハブの仮設住宅には、今も約11万人が暮らす。不自由な生活にストレスや不安を訴える住民が増えていることが懸念される。安定した生活が送れる新住居に早く移れるよう、自治体は復興住宅の建設を急ぐべきだ。

<安原の感想> 軍事費の一部を被災者へ
 データを補足しておきたい。避難生活を送る被災者は31万5000人を下らない。うち約16万人が、東京電力福島第一原子力発電所の事故が起きた福島県の避難者である。
 避難生活を余儀なくされている人々は31万人を超える、という数字を一見しただけでいかに多くの人々が無惨な日常生活を今なお強いられているかが分かる。いうまでもなく、これは決して自己責任とはいえない。善良な犠牲者である。
 軍事など右傾化路線推進に熱心な安倍政権に注文したい。軍事費の一部を被災者へ再配分してはどうか。それが「民」へ心寄せる政治家の心得ではないか。

▽ 日本経済新聞社説
 安倍政権ができて2カ月以上たつのに、民主党政権が決めた廃炉や除染の工程表はそのままだ。政府は現実を踏まえて工程表を作り直し、被災者が希望を持てるように、生活再建や地域再生を含めた大きな見取り図を示すときだ。
 前政権が「原発敷地内で事故は収束した」と宣言してから1年3カ月。福島原発の状況に大きな進展はなく、むしろ廃炉への道のりの険しさを浮き彫りにした。
 廃炉は40年間に及ぶ長期戦になり、炉の冷却が不要になる時期も見通せない。それだけに、2~3年先に達成可能な目標が要る。それがないと、避難を強いられた住民は将来への不安を拭えない。被曝(ひばく)と闘いながら懸命に働く3千人の原発作業員の士気を保つためにも、政府と東電は新たな目標を示すべきだ。

<安原の感想> いのちへの無責任な犯罪
 上述の末尾の「政府と東電は新たな目標を示すべきだ」という指摘は、願望としては分かるが、現実に可能なことなのだろうか。日経社説自体が「廃炉は40年間に及ぶ長期戦になり、炉の冷却が不要になる時期も見通せない」と指摘しているではないか。
 原発に関する限り、あれこれ恣意的な願望を述べることにどれほどの実質的な意味があるだろうか。原発には身勝手な恣意を受け付けない悪魔性が潜んでいる。それを軽視して、目先の算盤勘定で原発推進を唱導するのは、人類とそのいのちに対する無責任な犯罪とはいえないか。

▽ 東京新聞社説
 デンマーク南部のロラン島を訪れた。沖縄本島とほぼ同じ広さ、人口六万五千人の風の島では、至る所で個人所有の風車が回り、「エネルギー自給率500%の島」とも呼ばれている。デンマークは原発をやめて、自然エネルギーを選んだ国である。ロラン島では、かつて栄えた造船業が衰退したあと、前世紀の末、造船所の跡地に風力発電機のブレード(羽根)を造る工場を誘致したのが転機になった。当時市の職員として新産業の育成に奔走した現市議のレオ・クリステンセンさんは「ひとつの時代が終わり、新しい時代への一歩を踏み出した」と振り返る。
 二度目の春、福島や東北だけでなく、私たちみんなが持続可能な未来に向けて、もう一歩、踏み出そう。そのためにも福島の今を正視し、決して忘れないでいよう。

<安原の感想>「持続可能な未来」という希望
 結びの「福島の今を正視し、忘れないでいよう」という呼びかけに双手を挙げて賛同したい。何のためにか。いうまでもなく「私たちみんなが持続可能な未来に向けて踏み出す」ためにほかならない。単なる進軍マーチ程度の呼びかけと受け止めるわけにはゆかない。「持続可能な未来」という希望をただの夢想に終わらせないで、地球と人類といのちのためにどこまでも大切にしたい。
 そのモデルの一つがデンマークという小国であるところも新しい時代の息吹を感じさせる。もはや軍事力を振り回す大国の時代ではない。いのちと希望を育む小国時代の到来といえよう。


(寸評、提案大歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です。 なお記事をプリントする場合、「印刷の範囲」を指定して下さい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
原発について、政府や政治家が終わったことにしていますが、疑問を覚えます。
これが終わらぬ限り、震災から復興したとはいえないと考えます。
そうした意味では、現政権や財界の思考回路はおかしく、アメリカの顔色を見ているとしか思えません。
2013/03/13(水) 19:43:03 | URL | 赤坂亭風月 #-[ 編集]
安倍総理にしても、結局のところはアメリカの言いなりと言っておきながら、
原発推進勢力をはじめとする、それもごく一部に過ぎない、アメリカで言えば
僅か1%の強欲、傲慢、卑劣極まりない連中の利益のことしか考えていないと
しか言い様が無いと思うと、民主党の野田前総理と本質的には同じ穴の貉に過ぎ
ないどころか、自民党というのは、民主党よりも悪質極まりない振り込め詐欺集団
と変わり無いということもまた真実として見れば、オバマ大統領からすれば、幾らでも
安倍総理を馬鹿にするしか無いし、それこそ全人類の大敵に過ぎないという事もまた
真実に近いということになれば、今度はまともな日本国民全体の方から、全人類に対して
騙されたふりをして、「どうぞ安倍総理を幾らでも馬鹿にして下さい」とでも言って
あげて、安倍総理を幾らでも嘆き悲しませてあげるしか無いのでは無いでしょうか。
ただ、この根本的には、日本人の構造的欠陥というものが、根本原因として行き着く
ことになることもまた真実として向き合えば、こんな自民党をはじめとする日本の右翼
に対しては、ただ自分達の利益や都合ばかりを優先し主観的合理主義により、踏みにじら
れて子供の喧嘩になるだけのことなら、議論どころか、何も言いたくは無いし、相手に
したくも無いどころか、ニ度と一切関わりたくも無いし、そっと静かに背を向けてしまう
様にすることで、「どうぞ幾らでも勝手に死んで下さい」とでも思って、全人類から馬鹿に
され悲惨な目に遭って生きて行けなくなることになっても自明のことでしか無いと冷徹に
割り切ってしまうことで、そっと静かに見捨てながらも、その罪を幾らでも被ってあげること
で、これを克服し、この真実からくる衝撃による痛みや悲しみを共に分かち合うことで、誰も
が損することもなく、誰もが得することが出来る様に、分かち合うことを通して、これを乗り
越え克服し、日本経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らすことが
出来るだけの社会福祉国家へと再生することに繋げて行けば、日本はもう世界の中で、ただひっそ
りとした二流国に喜んで転落してあげることで、対米従属からそっと静かに離れながら、新自由主義
的なグローバル競争には喜んで背を向けて、幾らでも喜んで一人負けしてあげると同時に、偏狭な
ナショナリズムに偏った国粋主義とも訣別して、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い
助け合い、分かち合いながら、資源や食糧等の争奪戦を回避し、変な戦争に巻き込まれることもなく
国際社会全体の平和と安定を齎し、全人類が共に幸せに暮らすことが出来る様になれば、この中で
日本は覇権争いもせず、経済規模は縮小均衡となって、無駄な消費もせず、見栄を張らず、贅沢も
せず、地味で質素な生活をして、稼げば稼ぐほど、幾らでも税金や社会保険料をたくさん払ってあげる
ことだけを大いに誇りとして、足りなければ、国に対して、もっともっと幾らでも課税して下さい、
社会保険料も、もっともっと幾らでも徴収して下さい、とでも言ってあげて、喜んで払ってあげること
だけを大いに誇りとして、喜んで肩身の狭い思いをしてあげることもまた誇りとして世界に見せつけて
あげる様にすることで、そっと静かに自立し、成熟した大人の国となることで、全人類から尊い存在と
して高く評価されることに繋がれば、これこそが文明の大勝利に繋がることになることだと思えば、
此れ程誇らしいことは無いし、此れ程素晴らしいことも無いし、此れ程喜ばしいことも無いし、何も
言うことはございませんよね。
2013/03/15(金) 11:13:04 | URL | asa #-[ 編集]
文章について
asaさんへお願い
コメントをいただくことには大いに感謝していますが、文章の書き方について若干お願いがあります。
まず一つの文章が長すぎます。今回のコメントも、これだけの長文でありながら、二つの文章からなっているように読めます。できればもう少し短くて簡潔な文章にして頂けませんか。例えば一つの文章は精々3行程度に収めるようお願いできれば、と思います。
もう一つ、「無い」という言葉が10回ほど出てきますが、現在は平仮名で「ない」と書くのが普通ではないでしょうか。あえて「無い」と漢字を使う意味はないように思いますが、いかがですか。

以上、2点についてできることならご配慮下されば有り難く存じます。
仏教経済塾亭主より
2013/03/18(月) 13:24:37 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。