「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
今こそ「小日本主義」を広めるとき
安倍首相の「危機突破内閣」に抗して

安原和雄
安倍首相が舵取り役の「危機突破内閣」が発足した。先の総選挙で自民党は大勝したとはいえ、内実は決して安泰ではない。タカ派のイメージが強すぎる。それをむしろ「よいしょ」と支える論調もある。
101歳という高齢でなお健在の日野原重明・聖路加国際病院理事長の苦言にむしろ耳を傾けたい。それは軍事力を棄てる「小日本主義」のすすめである。これは敗戦後間もない頃、首相の座にあった石橋湛山の持論で、日米安保体制下で軍事力重視の強国へと暴走しかねない安倍政権をどう抑え込むかが今後の注目点にならざるを得ない。民意による批判、監視の目を光らせる時である。(2012年12月27日掲載。インターネット新聞「日刊ベリタ」、公共空間「ちきゅう座」に転載)

▽ メディアは安倍政権発足をどう論じたか

まず大手紙(12月27日付)の社説を紹介しよう。
*朝日新聞=安倍内閣発足 再登板への期待と不安
*毎日新聞=第2次安倍内閣 「自民の変化」示す政治を
*讀賣新聞=第2次安倍内閣 危機突破へ政権の総力挙げよ 「強い経済」取り戻す知恵が要る
*日本経済新聞=安倍自民の力結集し政治の安定を
*東京新聞=第2次安倍内閣発足 謙虚さをいつまでも

上記の社説の見出しからそれなりに推測できるような内容の社説といえる。読まなくとも社説の筋は読み取れると言っては失礼だろうか。むしろ注目したいのは社説ではなく、讀賣新聞(27日付)一面に掲載された橋本五郎特別編集委員の署名入り記事、「拝啓 安倍晋三様 非情の宰相であれ」である。その骨子は以下の通り。

「政治とは可能性のアート(芸術・技術)である」。鉄血宰相、ビスマルクの言葉です。安倍さんには5年前、不本意にも退場せざるを得なかった挫折の経験がある。ならばこそ「芸術としての政治」を見せてほしい。
安倍さんには「タカ派」のイメージが付きまとっている。海外からも「右傾化」との指摘がある。そんな単純なレッテル張りを気にする必要はない。
国益を守ることには毅然とした「タカ派」でなければならない。その一方で決して一本やりの強硬路線ではなく、戦略的な「しなやかさ」が求められる。
心配なことは、安倍さんが優しいことで、マキャベリは、君主は「憎まれることを避けながら、恐れられる存在にならねばならない」と書いている。
安倍さんが仕えた小泉純一郎さんの政治の特徴は「四つのない」にあった。一度決めたら「変えない」。事を決するにあたり「迷わない」。人の意見を「聞かない」。人に「頼まない」。小泉さんに倣い、確信したなら断固、非情に振る舞ってください。

<安原の感想> タカ派首相は平和憲法理念になじまない
我がニッポンもついに鉄血宰相、ビスマルク(1815~1898年、ドイツの政治家。1871年ドイツ統一を達成、帝国初代宰相となる。社会主義運動を弾圧する一方、社会政策を推進)を持ち上げる記事が登場する時代へと変化したのか、という思いが消えない。日本版ビスマルクの行動スタイルは、以下の4つに集約できる。
・「右傾化」というレッテル張りを気にする必要はないこと
・国益を守ることには毅然とした「タカ派」であること
・君主(日本では首相)は「恐れられる存在」になること
・元首相、小泉流の「非情の振る舞い」が重要であること

これら行動スタイルの勧めは、日本をどこへ誘(いざな)おうとしているのか。その一つは人権、平等、民主主義の否定あるいは一層の弱体化であり、それにとどまらない。平和、非戦への脅威も高まる。いずれも日本国憲法の基本理念の骨抜きに通じかねないだろう。安倍首相のタカ派ぶりがどこまで進むか、監視の目が離せない。タカ派首相は、日本国憲法の民主主義、平和などの基本理念とはどこまでもなじまないことを強調しておきたい。

▽ 日野原翁の「小日本主義」のすすめ

101歳の日野原重明・聖路加国際病院理事長(注)は毎日新聞朝刊(12月24日付、聞き手は伊藤智永記者)で「今こそ<小日本主義>を」と題して一問一答形式で安倍政権の選択すべき路線について注文をつけている。日本の敗戦(1945年)後、首相の座についた石橋湛山(1884~1973年)がこの記事で紹介されているが、その湛山は小日本主義につながる「小国主義」を唱えたことで知られる。一問一答の趣旨を以下に紹介する。
(注)日野原重明(ひのはら・しげあき)氏は、山口県生まれ。キリスト教牧師の家庭で育ち、京大大学院修了(医学博士)。聖路加国際病院長を歴任、予防医学や終末医療などの功績で文化勲章を受章。

(1)「非戦」に徹すれば、誰も日本を攻撃しない
問い:大陸国家・中国は、経済大国になるにつれ海洋への軍事圧力を強めている。
日野原:湛山は帝国主義の時代に、領土・勢力拡張政策が経済的・軍事的にいかに無価値であるかを論証し、領土は小さい「小日本」でも、「縄張りとしようとする野心を棄てるならば、戦争は絶対に起こらない、国防も用はない」と喝破した。日本が軍備を完全になくせば、どこの国が攻撃しますか。湛山は「道徳的位置」の力と言っている。
問い:無防備で対処する?
日野原:そう、裸になることよ。
問い:沖縄の米軍基地も・・・
日野原:サイパンかグアムへ移す。資源もない丸裸の沖縄なら、世界の非難があるのに、誰が手出しできますか。できやしない。
問い:自衛隊は?
日野原:専守防衛に徹し、海外派遣は災害の救助に限定する。
問い:旧社会党の非武装中立論に似てますね。しかしあれは非現実的な政策だったとして、歴史的に否定された。
日野原:よく似ているけど、社会党は中途半端だった。もっと徹底してやるんだ。私は今また、そういう運動を世界中に起こしたいよ。ドイツの哲学者カントが晩年、「永遠平和のために」という本を書いたでしょ。そこで「非戦」という思想に到達している。休戦協定や平和条約で「不戦」を取り決めるだけでは不十分なんだ。

(2)湛山の「小国主義」は小欲を棄てて大欲をめざす途
問い:領土には心の問題も絡む。韓国人にとって竹島は、植民地化の記憶と重なる歴史認識問題のシンボルです。
日野原:日本側が純粋な心を示して解きほぐすしかない。それが愛というものよ。
問い:必要なのは、愛だと。
日野原:愛の徹底には犠牲がある。寛恕。自分が自分の過ちを許すように、相手の心も大らかに許す。今の政治や外交には愛がないね。損得条件の話ばかりで、精神がない。
問い:排外的なナショナリズムが勢いづいている。
日野原:日本も多民族国家になることが必要だ。中国、韓国、米国、インドなど世界中の人たちと血が混じり合っていかないと。民族のよろいを脱ぎ捨てて、裸になる。大和魂だけ言ったって、世界には通じない。
問い:小日本主義には、経済成長否定かと反発もある。
日野原:湛山の「小国主義」には、国内に縮こまるという意味では全然ない。外に領土や軍事力をひろげるのでなく、人材をどんどん輸出して世界に人も心も開いていく。日本の資源は人間だから。帝国主義時代に、「(植民地主義)の小欲に囚(とら))われ、(平和貿易立国の)大欲を遂ぐるの途を知らざるもの」と看破したんだから、偉いもんだ。全然古びていない。むしろ、今の政治の世界にこそ現れてほしい。

<安原の感想> 今こそ「小日本主義」を広めるとき
政治記者の首相会見での質問をテレビで見る限り、骨太さや鋭さにいささか欠けてはいないか。穏当な質問が目立つ。首相の心情としてタカ派的思考があることは明白なので、なぜそこにメスを入れる気構えで問いつめないのか、不満が残る。
「首相はドイツの鉄血宰相をどう評価するか」といささか意表を突く問いかけがあれば、なおおもしろい。安倍首相が平然と自身の「鉄血宰相論」を開陳すれば、賛否はさておき首相株は高騰したかも知れない。

小日本主義論にしても同様である。首相としてこれに同調する姿勢は想像できないが、質問してみる価値は十分ある。小日本主義論すなわち「小国主義」には二つの今日的視点がある。
その一つは不戦ではなく、非戦であること。ドイツの哲学者カントの徹底した「永遠平和論」がその源(みなもと)である。もう一つは植民地主義に囚われる小欲ではなく、平和貿易立国という大欲への途である。この大欲は軍事力を背景にしない。平和憲法の非武装という理念を生かす平和貿易立国の途であり、「小日本主義」を広める道である。
安倍政権はこれら小国主義には背を向けるだろう。半面、日米同盟すなわち日米安保体制の維持・拡充には異常な熱意を見せており、そのことが安倍政権の希望的願望に反して自らの寿命を縮めるほかないだろう。

参考資料:安原和雄「二十一世紀版小日本主義のすすめ―大国主義路線に抗して」(足利工業大学研究誌『東洋文化』第24号、2005年1月)

(寸評、提案大歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です。 なお記事をプリントする場合、「印刷の範囲」を指定して下さい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
安倍内閣発足と世論調査
大手紙(12月28日付)の安倍内閣発足に関する世論調査を紹介したい。
<朝日新聞>安倍内閣支持59%、民主支持9%、維新支持8%、安倍内閣不支持率は24%。支持率を男女別にみると、男性は64%、女性は54%。
首相に一番力を入れてほしい政策を六つの選択肢から選んでもらうと、「景気・雇用」48%、「社会保障」20%、「外交・安全保障」11%、「原発・エネルギー」10%、「教育」6%、「憲法改正」3%の順だった。
自民は憲法9条を改正し、自衛隊を国防軍にすることを主張しているが、これについて賛成は32%で、反対の53%が上回った。

<毎日新聞>安倍内閣支持52%、不支持は26%、関心がない21%。
「国民の生活が良くなると思うか」の質問に「変わらない」62%で、「良くなる」は28%にとどまった。
女性2人を自民党三役に起用した人事は、「評価する」48%に対し、「評価しない」も45%を占めた。
民主党は12月25日の代表選で、新代表に海江田万里元経済産業相を選んだ。しかし党再建について「期待しない」が64%を占め、「期待する」29%を大きく上回った。
2012/12/28(金) 11:55:06 | URL | 仏教経済塾亭主 #-[ 編集]
全面賛成
石橋湛山に学び徹底した非戦論を展開する日野原重明氏とそれを紹介した安原の両氏に全面賛成します。今の時勢はこの種の言説は伝わりにくいですが、歴史を長い目でみれば安倍・石原氏らの如き自己客観視のできぬ人々の敗北は明らかです。勇気を貰いました。有り難う。
2012/12/28(金) 16:43:45 | URL | 半澤健市 #-[ 編集]
畏友・半澤氏に感謝
畏友・半澤氏のコメントに感謝します。何よりの励みになります。
日本はいまや重大な岐路に差しかかっています。現行憲法の指し示す平和・いのち尊重の路線を大切にして生かし続けるのか、それともこの望ましい路線を棄てて、悪しき右傾化へと進んでいくのか、という二つに一つの選択です。この選択の行方には世界が注視していると言っても過言ではないでしょう。
それだけにきわめて刺激的なおもしろい時代ともいえますが、腹を据えて取り組む時でもあります。私自身は「長期楽観」、「中期深慮」、「目先監視」の姿勢で対応するときだと考えています。今後とも率直なご教示をお願いします。
2012/12/28(金) 20:19:06 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
読売の先の記事を目にした際、違和感を覚えました。
特に、これほど庶民が苦しんでいるのに、更に、悪化しそうな策を行なおうとしていることに対し、理解に苦しみます。
景気に期待する人も多いようですが、首相は経営者のみを考える策しかしないと予想します。
2012/12/29(土) 13:26:02 | URL | 赤坂亭風月 #-[ 編集]
どうせなら、今度は日本が騙されたふりをして、尖閣諸島に老人介護施設を建設し、
あの独りよがりの暴走老人の石原慎太郎を引退させて、そこでひっそりと老後生活
を送って頂く様にするというのは如何でしょうか。
これがご老害の慰安所代わりということにでもなれば、中国から、挑発代わりに中国人
女性を慰安婦代わりに送り込もうとしてくれば、幾らでも介護ヘルパーとして受け容れて
あげて、この尖閣諸島に限らず、日本全国の老人介護施設で活躍して頂く機会を与えてあげれ
ば良いのだし、中国国内においても急速に進む少子高齢化の流れの中で、日本だけで出来ない
ところは、それこそアメリカと得意分野を活かすことで、中国国内での老人介護ビジネス展開
に活かす様にすれば良いだけのことでは無いでしょうか。
韓国が、これと同じことをするなら、敢えて反面教師になってあげるまでも無いことだし、むしろ
中国に対して、喜んで反面教師になってあげる様にすれば良いのだし、そうすることで、北朝鮮に
対しても良いお手本として示してあげることになるばかりでなく、ベトナムやフィリピン等のASEAN
諸国全体にとっても、良いお手本として大いにこれと同じことをさせてあげる様にすれば良いのだし、
モンゴルやロシアにとってもこれと同じことをするのなら、北方領土で、この尖閣諸島と同じことを
すれば、簡単に解決に近づくことになるばかりでなく、それが結果的に日本の国益にもなるばかりで
なく、アメリカの国益にもなるし、韓国や北朝鮮、モンゴル、ASEAN諸国をはじめ、ロシアにとって
の国益にも叶うし、行き着く先には、世界中の全ての国々にとっての国益を齎すことに繋がる心豊かな尊い
外交展開に繋がり、それが究極的には、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、
分かち合いながら、共に幸せに暮らすことで、国際社会全体の平和と安定に寄与し、地球環境全体に恩返し
出来ることを幾らでも誇りとして行くことが出来れば、日本は自ら地球市民社会の中にひっそりと埋没させて
しまうことによって、誰もが損することも無く、誰もが得することで、富の公正な再分配に繋がり、極端な
富裕層や先進国については、相対的地位が低下する反面で、極端な貧困層や途上国については相対的地位が
向上して行くことで、中間層だけが増大していくことによって、貧富の格差が縮小して、ある程度の範囲内で
固定化して、無欲化することになるのなら、返って此れ程喜ばしいことは無いし、何も言うことは無いし、
それで良いのでは無いでしょうか。
2012/12/31(月) 12:29:45 | URL | asa #-[ 編集]
日野原さんの見解は的確
「日野原さんの見解は的確だ」という見出しの投書(沢田政司・75歳)が毎日新聞(1月18日付)「みんなの広場」に掲載されているので、その内容を以下に紹介したい。
日野原さんが本紙(昨年12月24日)で「今こそ小日本主義を」と題し、石橋湛山の言動を例に挙げながら持論を述べられていた。101歳の高齢にもかかわらず、現今の領土・軍事問題などに関する的確な見解で、胸のつかえがとれる思いがした。
例えば、領有権を争うのは資源があるからで、日中、日韓境界近くの資源は共同開発すればよい。自衛隊は専守防衛に徹し、海外派遣は災害の救助に限定すべきだ ― という意見は、今こそ再考に値する。
さらに沖縄米軍基地も不要。日本が軍備を完全になくし、丸裸になってしまえば、世界の非難を浴びる中、どこの国が手出しできよう、と舌鋒は鋭い。改憲で強い日本を作ろうという気配が漂う中、冷静になって日野原さんの見解をかみ締めてみるべきではないか。
2013/01/20(日) 12:34:46 | URL | 仏教経済塾亭主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。