「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
あの日米開戦から70年を迎えて
戦争を扇動した新聞メディアは今

安原和雄
 日米開戦(1941年12月8日)から70年を迎えた。日米開戦までに中国大陸では日本軍の侵攻が進んでおり、日米開戦で戦線は太平洋にまで広がった。その結末は数え切れないほどの犠牲を積み重ねて、敗戦に終わった。
 あの戦争を扇動した新聞メディアは今、どういう姿勢なのかに関心を向けないわけにはいかない。残念なことに自省の念に駆られるメディアとそのことに無関心なメディアとに分かれている。さらに日米関係は今では「犯すべからざる国体」のような存在になっているという説も有力であり、その呪縛からどう脱却を図っていくか、取り組むべき課題は尽きない。(2011年12月9日掲載。インターネット新聞「日刊ベリタ」、公共空間「ちきゅう座」に転載)

▽ 「仕方がない」と「責任の底が抜けた国策」

 あの日米開戦から70年を迎えて新聞は何を訴えているか。まず読売新聞(2011年12月8日付)のコラム「編集手帳」(大要)を紹介する。

 石垣りんさんに『雪崩(なだれ)のとき』という詩がある。「平和」を山に積もった雪にたとえている。「戦争」の雪崩を引き起こしたのは、谺(こだま)のように響いたある言葉だという◆〈“すべてがそうなってきたのだから/仕方がない”というひとつの言葉が/遠い嶺(みね)のあたりでころげ出すと/もう他(ほか)の雪をさそって/しかたがない、しかたがない/しかたがない…〉◆いったん転がりだしたら止まらない戦争のありようを詩人の比喩は伝えている。日米開戦からきょうで70年になる。当時の国力差をみれば、航空機の生産力は日本の6倍、鉄は20倍、石油は740倍――言葉の谺とは怖いものである。

 もう一つ、毎日新聞(12月8日付)の「70年前の鏡」と題するコラム「余録」(大要)は以下のようである。

 「周囲は真珠湾の勝利にざわめいていたが、彼は浮かぬ顔をしていた……『えらいことになった。僕は悲惨な敗北を予感する。こんな有り様はせいぜい2、3カ月だろう』と沈鬱な声で言った」▲彼とは近衛文麿、70年前のきょう真珠湾攻撃の日の細川護貞による記録である。近衛は日中戦争では「国民政府を対手とせず」と声明してその泥沼化をもたらし、日米交渉に努力したものの南部仏印進駐で米国の石油禁輸を招く。日本の運命を決定づけた人だった▲「財布に1000円しかないのに1万円の買い物をしようという日本と、100万円をもって1万円の買い物をするアメリカとの競争でしょう。たちまちだめです」。こちらは昭和の動乱の原点、満州事変を仕掛けた軍人・石原莞爾の日米開戦間もないころの断言だ▲国民の多くが緒戦の勝報に熱狂していた中、その戦争への道を踏み固めた張本人たちの破滅の予言だ▲責任の底が抜けた国策が国民の運命を狂わせるのは当時だけでない。こう聞けば今度の原発災害を思い浮かべる方もいよう。日本人が危機にのぞんで自らを映してみなければならぬ70年前の鏡だ。

<安原の感想>「仕方がない」も「責任の底が抜けた国策」も返上の時
コラムが指摘していることは「仕方がない」という多くの日本人の発想であり、一方「国策」を遂行する国家権力の無責任振りである。これは過去の物語ではなく、今なお続いている。特に戦争を積極的に扇動した新聞メディアの責任は大きい。当時は戦争を遂行した大本営(天皇に直属して陸海軍を統帥した最高機関で、1945年の敗戦まで存続した)に逆らうことはできなかったという事情があったとはいえ、戦争を煽った責任は免れない。米軍の空爆によって日本列島の主要都市は廃墟となり、しかも日本人だけで300万人を超える戦争犠牲者を出したのだ。中国を含めアジア諸国民に強(し)いた惨劇と苦痛は計り知れないほど甚大である。今なお自省の心が必要であるだろう。

 東京新聞社説(12月8日付)は次のように書いた。
 「真珠湾での戦果に国民挙げて喝采した。圧倒的な国力の差がありながら、戦争に導いた責任は当然、政治や軍にあろう。国民の戦意をあおり立てた言論機関も、あらためて自責の念を深くせねばならない」
 朝日新聞社説(12月7日付)は以下のように指摘している。
 「真珠湾はさまざまに総括されてきた。日本では、圧倒的に強い米国に無謀な戦争を挑んだ理由が問われた。軍部の暴走か、政治の混迷に原因があるのか。メディアが火に油を注いだ国民の熱狂のためか」と。

 東京新聞社説が「言論機関も、あらためて自責の念を深くしなければならない」と書いているのに比べると、朝日社説は「国民の熱狂」に重点を置いていて、自己反省は弱い。毎日新聞社説(12月7日付)は「日米開戦70年 ― 歴史から学ぶ政治を」と題して論じながら、メディアとしての反省に言及するところは皆無である。
 もちろん毎日新聞コラムが指摘しているように「無責任な国策」には原発推進とその果ての原発災害も含まれる。だから「仕方がない」も「責任の底が抜けた国策」も敗戦以来70年も続いてきたのであり、今こそ返上するときである。容易な選択とは言えないとしても、返上によってやっと「70年の戦後」が終わるのであり、新たな「再生日本」の始まりと考えたい。

▽ アメリカの呪縛から離れて<戦後>を見直す

 東京新聞社説は「平和は人類の最大テーマである。われわれに課せられるのは戦争体験を風化させず、平和を守る責務であろう。平和をどう保つかが今後、試される。(中略)新たな戦いに国民が快哉(かいさい)を叫ぶことがあってはならない」と。
 また東京新聞の投書欄「発言」(12月8日付)で田中喜美子さん(編集者 81歳)は次のように指摘している。
「日本の戦後はどこが正しくどこがおかしかったのか。アメリカの呪縛から離れて私たちは客観的に<戦後>を見直すべき時期にきているのではないか」と。
 これは重要な問題提起と受けとめたい。アメリカの呪縛から離れて<戦後>を見直す、とは、具体的に何を指しているのか。そのヒントを発見するために、東京新聞(12月8日付)の国際政治学者坂本義和さんとのインタビュー記事「3.11と日米開戦70年 ― 日本の針路」の要点を以下、紹介する。

・(責任を問わぬ集団について)日本人は上の人間が下の人間の責任を問うことはあっても、下の人間が上の人間の責任を問う文化がない。とにかくこうなっちゃった、ということであきらめてしまう。例えば福島第一原発事故でも「原子力ムラ」という言葉が使われている。ムラは集団だから事故が誰の責任なのか分からなくなる、また分からなくする。決定権をもつ者の責任を問わない民主主義はあり得ない。
・(戦後の日米関係について)日米関係といっても、米国は世界を見ていて、その一部として日本を扱っている。他方、日本は米国が世界であるように見る傾向がある。米国に依存せず、もっと自立するには自主外交が必要だ。(中略)占領時代からの惰性が続いている。日米関係が「犯すべからざる国体」がごときものになっている。
・(3.11後の日本の課題について)すべての原発を早急に稼働停止して、自然エネルギーの実用化に国を挙げて全力を投入し、原発の輸出は止めること。ヒロシマ・フクシマの国としての決意を世界に示し、先進的非核社会というモデルを創り出すべきだ。経済成長で格差をなくすという考え方は、必ず限界にぶつかる。生き方を変えなければいけない。物質的な生活水準は下がるかもしれないが、「みんなで連帯して生きる」という発想に切り替えなければいけない。

<安原の感想> 日米関係という「犯すべからざる国体」から脱却を
 戦後の日米関係が「犯すべからざる国体」同然の存在になっているという指摘は説得力がある。なぜそういう現実に多くの日本人は甘んじているのか。それは責任を問わぬ日本的集団のあり方と深く関わっている。たしかに「下の人間が上の人間の責任を問う文化がない」からだろう。これは上述の「仕方がない」というあきらめの発想と重なり合っている。
 しかし「3.11」の福島原発大惨事をきっかけに変化が生じてきたとは言えないか。毎日のように見られるデモの波がその具体例である。下から上に物申すという姿勢が列島上に広がりつつある。そのめざすものは、原発の稼働停止であり、自然エネルギーの実用化であり、原発輸出の中止である。それは「先進的非核社会」構想につながっていく性質のものだろう。経済成長主義への疑問も生じてきている。かつての「豊かさ」よりも「幸せ」を求める生き方への変化である。
 これらはいずれも大きな変化で、方向は正しいが、果たして「アメリカの呪縛から離れて<戦後>を見直す」ことにつながるのかどうか。私(安原)の理解では日米安保体制(アメリカの対外戦略に日本が従う軍事・経済同盟)からの離脱を展望することが、すなわち「アメリカの呪縛」から離れることを意味するはずだが、どうだろうか。いかえれば「犯すべからざる国体」という呪縛から脱却し、自由になることである。

 1935年(昭和10年)生まれの私などが戦争中の小学生の頃、「チャンコロ(中国人の蔑称)をやっつけろ」と叫んでいたことを今いささかの恥じらいとともに想起する。分別もないままの無邪気な子どもの心理状況と、対外侵略戦争(ベトナム戦争のほか、最近のアフガン、イラクへの米軍侵攻)推進の土台ともいうべき「日米安保体制」を昨今の一部の学者やメディアが「国際公共財」などとうそぶいて、免罪符を与える心理状況とは大差ないだろう。前者は無知に基づく幼さであったが、後者は確信犯らしいからむしろ罪深いと言わざるを得ない。

(寸評、提案大歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です。 なお記事をプリントする場合、「印刷の範囲」を指定して下さい)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
現在の新聞を見て思うのは、やはり戦前と変わらないということです。
また、母校の大学の卒業式において、「戦前の過ちを繰り返さない。おかしい時は声を上げる。」と総長が言っておきながら、現実的には、グローバル経営に流されており、失望しています。
今の大学はどこも似たようで、何をしているのかと思っています。
2011/12/09(金) 22:49:35 | URL | 赤坂亭風月 #-[ 編集]
自称平和国家の旧態
毎日新聞連載中の<野坂昭如の「七転び八起き」>から「日米開戦70年 自称平和国家の旧態」(12月10日付)の要点を紹介する。

・日米安保にすがりつつ、平和を唱える日本、世界の警察国家を自任しつつ、やりたい放題のアメリカ。軍事面での主権在米が、政治面でもずっと尾を引いている。なるほどアメリカは大切な同盟国であろう。しかし日本の防衛は日本人が考えなければならない。
・どうしてあんな馬鹿げた戦争をしたのか、未(いま)だによく判(わか)らない。そのよく判らないまま、平和国家を自称。昭和16年の12月8日、大日本帝国の真珠湾攻撃成功を、世間は熱狂的に喜び、歓呼の声を上げた。当時の日本の国力について疑う人などいなかった。国民は何の疑問も抱かず、戦争に協力した。
・愚かなリーダーたちの下、民は一致団結、敵と戦う地獄へと突き進んでいるなど、考えるゆとりはなかった。しかし昭和11年ごろまで、軍の暴走に歯止めをかける動きもあった。これは、中国に兵を進めて以後、一切なくなっていく。
・この12月8日で、日米開戦から70年が経つ。ぼくには今の日本が、少しずつ旧態に戻ろうとしているように思える。旧態とは一億思考停止の状態をいう。
今は何を言っても主張してもいい時代。だが、言うべき時に言わなければ、考える時に考えなければ、あらゆることが手遅れとなってしまう。

末尾の「旧態とは一億思考停止の状態をいう。今は何を言っても主張してもいい時代。だが、言うべき時に言わなければ、考える時に考えなければ、あらゆることが手遅れとなってしまう」という警告に耳を傾けたい。「言うべき時に言う」ことに時機を失することはあっても、早すぎることはない。(安原和雄)
2011/12/10(土) 11:02:35 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
手にした権力は手段と方法を選んで使うべき
「手にした権力は手段と方法を選んで使うべき」

これは、日本ばかりでなく、貧困や格差是正に取り組むアメリカをはじめとする先進国
や、中国や韓国をはじめとする新興国や発展途上国を問わず、全ての国に共通して幾らでも
学ぶべきところではないでしょうか。
これ自体は、韓国の歴史ドラマより学んだところですが、エジプトやチュニジア、リビア等
の独裁政権の崩壊から民主化への動き等も考えれば、アメリカのオバマ大統領にしてみれば
韓国とのFTAにより、アジアや中国との向き合い方等を含め、大いに学ばなくてはと言う
姿勢の表れに繋がっているのでは無いでしょうか。
最も、それぞれに伝統文化や民族、宗教、歴史的背景等で、各国とも違うところは当然のこと
ではあるものの、日本の大河ドラマと比較して見れば、相対的に見れば相違点ばかりでなく
共通点も数多く、その中で、日本の良い点と改善すべき点を学ぶことが大切なことでは無い
でしょうか。
そういう中で見れば、上に立つ人間は、下の人間に責任を押し付けるということは決して許される
ものでは無いところは当然のことですが、下の人間は、だからと言って、手段を選ばず何をやって
も良いということも、絶対に許されるべきでは無いのでは無いでしょうか。

本来なら、お互いの立場の違いというものを乗り越え、良いことは誰がやっても良いのだし、悪い
ことは誰であろうと許されないことであり、その責任というものは、それぞれの立場に応じて明確
にすることで、共に分かち合い、譲り合い、助け合い、支え合うということが求められているので
は無いでしょうか。

日本では、ことことを勘違いしている人間が多いところに根本的な欠陥があり、これを克服するため
には、そういう人間こそ、日本人とは一切切り離して、日本から他国へ幾らでも追い出してしまって
も構わないのでは無いでしょうか。
日本にとってみれば、害毒以外の何者でも無いことは当然のことですが、どうせ他国へ出て行かれて
も生きて行くことは出来ないことは当然のことだと思えば、他国で変なことでも仕出かすようなこと
があった時には、それこそ特攻隊でも幾らでも勝手にやって勝手に死んで行って下さい。それが地球
上の全人類のためであり、日本のため、天皇陛下に取りましても何よりのことでは無いでしょうか。

日本人としては、喜んで反面教師となってあげれば、それが日本の国益となり、アメリカにとっての
国益にもなり、中国や韓国にとっての国益にもなり、それが拡大してアジア太平洋全体の経済を支え
合い、更に地球上の全ての国々の国益になり、世界経済を支え合うことにより持続的発展と地球環境
への恩返しが共に可能となるならば、全人類にとって此れほど喜ばしいことは無いし、何も言うこと
は無いのでは無いでしょうか。




2011/12/10(土) 16:43:02 | URL | asa #w/Pego52[ 編集]
メディアの日米同盟
いま、9・11後の対テロ戦争の日本のマスコミ報道を私なりに調べていますが、まさに 「メディアの日米同盟」です。原点は、みずからの前科を自主的に償うことを怠ったことにあると思われます。
2011/12/11(日) 14:53:08 | URL | 永井 浩 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。