「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
群れることができない日本人
<折々のつぶやき>11

安原和雄
 このごろ想うこと、感じたこと、ささやかに実践していること―などを気の向くままに記していきたい。<折々のつぶやき>11回目。(06年3月19日掲載)

 少し長めですが、「群れることができない日本人」というテーマのエッセイ(一部)を紹介しましょう。

 日本に長く住んでいて一番感じるのは、日本人は芸能人や花火大会などでは「群れる」のに、政治や社会問題に対してはポジティブに「群れることを恐れる」ということです。「群れる」ことは「遅れたアジア」の象徴だと思っている人もいるでしょう。しかしロンドンではイラク戦争反対のために数万人がトラファルガー広場に集まり、アメリカでもイラク戦争で息子を亡くした母親の行動に多くの人が呼応し結局、全米の世論を動かしました。これら市民の行動力はソフトパワーの源泉になっています。

 日本でも戦争に反対し、世の中の不条理に対して憤りを覚える人は多いでしょう。しかし、なぜかそれが群れをなしてピープルズパワーとして結集することができません。「義侠心」なんて言葉は日本では死語になりつつあります。このままサイレントマジョリティーを決め込んでいると、外からは日本は顔の見えない社会としてみられ、国家権力や資本にはいいように弄ばれます。

 日本国民は政府から軽くみられていると思います。公約違反の大増税路線にさほど反発もせず、日本やアジアの命運を決することになる憲法改正にも異議を唱えず、近隣外交がうまくいかなくても、選挙で圧勝させてくれます。(中略)これでは政府・与党のやりたい放題です。あらゆる権力や権威・不条理に対して異議申し立てを行うことは、若者の特権であり、義務だと思います。
(一橋大学広報誌『HQ』=Hitotsubashi Quarterly=2006年1月・冬号掲載の特集「世界を解く<群れる>」から)

 筆者は韓国の人で、一橋大学大学院法学研究科専任講師のコン・ヨンソクさんです。これまで<折々のつぶやき>で2回世間論を取り上げましたが、この「市民パワーの結集を」と呼びかける一文も世間論―もっとも筆者本人が世間論を意識しているかどうかは分かりませんが―に通底しているように思います。
 日本人の世間論は多くの場合、「世間の故に自己主張ができない」という視点でとらえるのに、コン・ヨンソクさんの提案は日本的世間に風穴をあけようとするなら、「市民パワーとして群れて、権力、権威、不条理に対して異議申し立てを行うこと」という積極的な行動が必要だと呼びかけているところに特色があります。

 エッセイの中で無視できないのは「サイレントマジョリティ(物言わぬ大衆)を決め込んでいると、外からは日本は顔の見えない社会としてみられ、国家権力や資本にはいいように弄(もてあそ)ばれる」という指摘です。日本に長く住んでいながら日本的世間に拘束されずに、距離をおいて観察できる立場からの有益な助言と受け止めたいですね。
 この指摘通りのままに、あたかも従順な羊の群れとして「弄ばれる」ことに我々日本人が甘んじていると、日本人そして日本は国際社会の中で存在感があり、尊敬される地位を獲得することはとてもできないように思います。

 群れには2つのタイプがあります。意見を言わぬ「従順な羊」として群れるのか、それとも「異議申し立ての市民パワー」として群れるのか―、日本人よ、どうするのか? と迫られているように私は読みました。あなたならどうしますか。


(寸評歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
群がることが出来ない今の日本人
引用されている論文の主張は将にその通りで、年配の有識者たちの多くが、現在の日本を見て憂いていることだと思います。でも、こんな情けない日本になったのも、私のような年寄りから見れば、つい最近のような気がします。昭和の30年代から40年台の前半までは、特に若者(学生)が中心となり「市民パワーとして群れて、権力、権威、不条理に対して異議申し立てを行う」という積極的な行動をしていました。私も野次馬根性的な面はあったけれど、群がることに意義があると思い、真剣に参加したものでした。40年前にこの群らがる運動が急遽萎んだのは、池田内閣の所得倍増政策が効を奏し、国民が平均的に豊かになったためでしょうか? 昭和44年の東大楼上事件が官権により壊滅されたことも大きな原因だったような気がします。私は憲法9条改正に絶対反対ですが、これが改正され、国民徴兵制度でも実施されたら、若者も初めて政治の危機を認識し、「市民パワーとして群れて、権力、権威、不条理に対して異議申し立てを行う」ことに立ち上がるのでは。その時はToo Lateだけれど。
2006/03/23(木) 08:26:41 | URL | T.T. #-[ 編集]
雑感
このサイトのこと半澤健市さんより紹介され、早速2005・08・15からのものを読みました。
いちいち尤もだな、と肯いています。定年後自由の身になったから、自由に動くことが出来るとはいいながら、如何いう形でアンガージュするか、引き続き大きな課題です。
2006/03/29(水) 00:15:42 | URL | 立石 武士 #-[ 編集]
見えざる身分制
コン・ヨンソクさんのエッセーのポイントは、「政治や社会問題に対してはポジティブに群れることを恐れる」と言うことでしょう。これは、明治以前約260年も続いた身分制時代の倫理観が、現代の日本に通用しているからでしょう。「政(まつりごと)はお上のもの」として、農・工・商に携わるものは口を挿めないなかった時代が長かったのですから、日本社会の「慣性」の大きさからすれば、現状は当然のように感じられます。私の身の回りでは、「分をわきまえる」ことを美徳と見なしている人を多く見かけます。多くの組織における組織図を見ても、ピラミッド型のものがほとんどで、上位と下位の関係をルール化するのが「組織作り」と言うのが常識です。とにかく、世の中が泰平であれば、不平等であっても260年も耐えて来たのが日本人ですから、よほどの外圧か、内部的破綻でもなければ、この伝統的倫理観は崩れないでしょう。さもなければ、人々が平等な世の中の方が、今の日本よりもはるかに暮らしやすく、楽しいと言うことが眼に見えるように示すことができれば、人々は生き方を変えて、「分をわきまえず」に政治や社会問題に口を挿むことで群れるようになるかも知れませんね。そうなるように、微力を尽くしたいです。
2006/04/06(木) 14:13:22 | URL | 倉田牛吾 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。