「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
地球温暖化対策をもっと積極的に
業界の意見広告に環境団体が反論

安原和雄
 日本経団連など経済・業界団体がわざわざ新聞の1ページ全面を使った意見広告で「日本はすでに世界トップレベルの低炭素社会」などと主張し、現状以上の温暖化防止策は疑問としている。これに対し、環境保護団体が早速「温暖化対策にもっと積極的に取り組むべきだ」という趣旨の反論を行っている。
 温暖化防止をめぐる論戦は結構だとしても、経済界の姿勢は消極的にすぎないか。政府は温暖化防止の中期目標を6月までに決める方針だが、経済界の姿勢に引きずられるようでは、世界における日本の存在感そのものが問われることになるだろう。目先の利害にとらわれないで、「地球環境の存続」という長期的視点に立つときである。(09年3月24日掲載、インターネット新聞「日刊ベリタ」、公共空間「ちきゅう座」に転載)

▽温暖化対策に対する経済団体の意見広告

 09年3月17日付大手紙朝刊に1ページ全面をつぶした意見広告が掲載された。紙面の真ん中に大きな縦見出しで「考えてみませんか? 私たちみんなの負担額」とある。何事か、と目を凝らしてみると、左下に日本経済団体連合会をはじめ日本商工会議所、関西経済連合会、電気事業連合会、日本建設団体連合会、日本自動車工業会、日本鉄鋼連盟、日本電機工業会、石油化学工業会、日本ホテル協会など計58のわが国の主要な経済団体・業界名が列記されている。

 意見広告の要旨を紹介すると、つぎの通り。

先頃、日本政府は、京都議定書に続く2013年以降の地球温暖化対策の新たな取り組みに向けた二酸化炭素(CO2)削減の中期的な目標を6月までに決定することを表明しました。
 私たちは、石油危機以降、家庭も産業も最大限の省エネルギー努力を推進してきました。その結果、日本はすでに世界トップレベルの低炭素社会となっています。従って裏付けのない過大なCO2削減には国民全体に大きな痛みが伴います。
 また日本がいくらCO2削減努力をしても、主要CO2排出国の参加がなければ地球温暖化問題は解決しません。次期国際枠組みには主要CO2排出国すべての参加が必須です。

*3%削減でも1世帯あたり105万円の負担。
 長期エネルギー需給見通し(経済産業省総合資源エネルギー調査会)によれば、2020年のエネルギー起源のCO2排出量を1990年比で3%削減(2005年比13%削減)するためには、約52兆円の社会的負担が必要とされています。これは1世帯あたりにすると約105万円の負担にあたります。

*日本は世界トップレベルの低炭素社会です。
 国内総生産(GDP)あたりのCO2排出量(2006年、キログラム)を国際比較すると、つぎのようになっています。
 ロシア4.25、中国2.68、インド1.78、オーストラリア0.82、韓国0.71、カナダ0.64、アメリカ0.51、EU(欧州連合)0.42、そして日本0.24の順で、日本が最も低い排出量となっています。

*主要CO2排出国すべての参加が必須です。
 京都議定書では、削減義務のない新興国や離脱した米国からの排出量が著しく増加した結果、削減義務を負う国の排出量は世界の3割にとどまっています。米国、中国、インド等の主要排出国が参加しないまま、次期枠組みをつくることは、それらの国が無制限な排出を続けることを国際的、制度的に認め、保証することです。これは地球規模の排出削減の観点からは全く無意味です。

 なお各国別排出量の世界全体(2006年=280億トン)に占める割合をみると、米国、中国が共にそれぞれ20%、インド、日本がそれぞれ4%、EU(15カ国)12%、これ以外の諸国が合わせて40%となっています。

▽意見広告に対する環境保護団体からの反論

 上記の意見広告に対し、環境保護団体・ 世界自然保護基金(WWF)は、3月17日反論の声明を発表した。その内容は以下の通り。

〈CO2排出削減対策に伴う負担増の意見広告に対するWWF声明〉

「考えてみませんか? 私たちみんなの地球の負担を」
 このまま温暖化が進むと、今世紀後半には地球の平均気温は4度上昇すると予測されています。その結果、海面が上昇、異常気象が頻発し、地球は大きな負担をおい、この日本にも計り知れない悪影響が起きることになります。

 しかし今ならまだその被害を、なんとか許容できるレベルで留めることができるのです。そのためには、全世界が協力して、京都議定書に続く2013年以降の温暖化対策の国際約束をしなければなりません。先進国には2020年までに1990年比で25~40%の排出削減が、そして主要な途上国にも大規模な排出削減努力が求められています。

 日本政府は、2020年の中期目標を6月に発表することにしています。
 しかし、日本経済団体連合会を始めとする多数の業界団体が各紙朝刊に掲載した、CO2排出削減対策に伴うコスト負担に関する「考えてみませんか?私たちみんなの負担額」という意見広告は、中期目標達成の「コスト負担が過大になりすぎる」という誤った認識を誘導しています。

1.日本の一世帯当たりの負担が105万円になる?
(広告では、90年比で3%削減するためには52兆円かかり、世帯数で割ると105万
円になるとしている)

(ア)52兆円は1年の負担額ではなく、今から2020年までの累積額である。総世帯数で割ると一世帯あたり1年間の負担はざっと7万円である。
(イ)52兆円は、家庭だけが負担するものではない。国や企業を含めた負担額であり、国内で使われれば内需拡大、雇用増大につながる投資である。
(ウ)52兆円には、省エネ効果で浮くエネルギーコスト削減分などは含まれていない。国立環境研究所の試算だと4%削減ケースでは、追加費用よりも、エネルギーコスト削減額の方が上回り、日本全体では「負担」でなく「得」になる。

2.日本は世界トップレベルの低炭素社会? 
(ア)1990年にはそうであったが、今は追いつかれてしまっている。
(イ)GDPあたりのCO2排出量は、指標の選択によっては全く違った数字になる。為替レートではなく、物価の違いを反映する購買力平価で見ると、日本はほぼヨーロッパと同じであり、決してトップレベルというわけではない。
(ウ)一人当たり排出量では、途上国と大きな差がある。

3.排出削減の努力をコストが高いからと敬遠しても、温暖化を放置した結果、進んでしまう悪影響に対処する費用は、その数倍にのぼると予測される。温暖化の経済分析=スターン・レビュー(注)によると、世界全体で対策費用は世界GDPの1%だが、悪影響に対処する費用は、GDPの5%から20%もかかってくると予測されている。
(注・安原)スターン・レビューは「気候変動の経済学」ともいわれる報告書。2006年10月、世界銀行の元チーフ・エコノミストで、英国政府気候変動・開発の政府特別顧問、ニコラス・スターン博士がまとめ、06年12月、ナイロビ(ケニア)で開かれた気候変動枠組み条約の締約国会議でも紹介された。

 今は、京都議定書に続く次の国際約束を決める大事なときです。今私たちの世代が決断することが、将来の地球の運命を決めるのです。温暖化対策のコストを避けるために緩い目標で済ませるというなら、温暖化の悪影響のコストはいったい誰が負担するのでしょうか?
 WWFジャパンは訴えます。大事なのは、地球環境の存続です。その地球の将来がかかった決断の時期に、コスト負担が過大であるという誤った認識を広めて、温暖化対策を渋るのは、誰ですか?

■問い合わせ先:WWFジャパン気候変動プログラム 山岸尚之、小西雅子
(Tel:03-3769-3509、climatechange@wwf.or.jp)

▽ なぜ経済界は温暖化防止に積極的にならないのか?

以上、経済界の意見広告の内容と、それに反論する環境保護団体・WWFの主張を紹介した。数字などデータの是非をめぐってどちらの主張が正しいかについて私(安原)は客観的かつ公平な判断を下す立場にはない。
 ただ言えることは温暖化防止をめぐる経済界の主張はいかにも後ろ向き、消極的ではないだろうか。なぜもっと積極的な主張を打ち出せないのか。

 第一に逃げ腰の言い訳にすぎないような印象を与える意見広告をなぜ大げさに掲載する必要があるのか。
 多くの読者が「もっともな意見広告」と受け止めるだろうか。今回のような意見広告を出して、「してやったり」と思うような企業経営者は質的劣化が著しく、時代が何を求めているかを読みとれないのかといわざるを得ないだろう。
 小泉元首相流の表現を借りると、「抵抗勢力」である。「時代の流れにブレーキを掛けるような抵抗は止めなさい」という経営者自身の内なる「中立的な観察者」(アダム・スミス著『道徳感情論』から)の忠告が聞こえてこないのか。

 第二にいかにも業界レベルの目先の利害に執着しているという印象が否めない。
 WWFジャパンが上述の反論で訴えているように「大事なのは、地球環境の存続」なのである。昨今の企業人はとかく短期的な算盤勘定に立って、企業の存続を優先させようとする意識が強すぎる。これも破綻したはずのあの新自由主義路線の残影だろうが、ここでは長期的視野が不可欠である。地球環境の存続なくして、企業の存続もあり得ないことを銘記したい。

 第三に1ページ全面広告なら、温暖化防止のための歴史的宣言の場としてなぜ活用しないのか、不思議である。それとも米国に次ぐ世界第二位の経済大国でありながら、それにふさわしい自負も品性も見識も、もう一つ、リーダーシップも失っているのか。

 意見広告の「主要CO2排出国すべての参加が必須」という主張は、その通りであり、すでにそういう方向に動きつつあるのではないか。ブッシュ大統領時代に京都議定書から離脱した米国は、オバマ大統領の登場によって参加することになっている。
 一方、「日本は世界トップレベルの低炭素社会」という意見広告の主張にはWWFが反論している。経済界の主張通り、「トップレベル」だとしても、経済界としては「〈世界トップレベルの低炭素社会〉という名誉ある地位をさらに高めるために努力したい」と世界に向けて宣言する絶好の機会ではないのか。好機を生かそうとしない経済界の発想は惰性に流れている。
 
▽渋沢栄一の「君子の経営」に学び、実践するとき

 ここでは日本資本主義の父ともうたわれる明治・大正時代の財界指導者、渋沢栄一(注)の経営理念に学び、実践することを提案したい。
 (注)渋沢の生涯(1840~1931年)は、江戸幕末に生まれ、昭和初年まで生きて、当時としては珍しく91歳という長寿を全うした。初代の東京商工会議所会頭に就任、日本の国際化に尽力、さらに500余のわが国中核企業の設立・経営に関与した。

 渋沢が好んだ論語につぎの言葉がある。
 「君子(くんし)は義に喩(さと)り、小人(しょうじん)は利に喩る」
 君子、つまり立派な人物は何が正しいかという道義中心に考え、行動するが、小人、つまりつまらない人間は、損得を中心に考え、行動するという意である。

 この論語の名句の精神を汲み上げて渋沢は利優先の「小人の経営」を排し、義に立った「君子の経営」を自ら実践した。といっても利益を無視したわけではない。渋沢の「論語=算盤説」は有名で、義を優先させながらも、論語=義と算盤=利の両立を追求した。今日、義利両立の経営とは、何よりも温暖化防止に優先的かつ積極的に貢献しようと努力する経営であり、それが長期的な利にもつながるだろう。
 それとも現下の経済界には小人の経営に甘んじる三流の企業人しか存在しないのだろうか。そうだとしたら、まことに不甲斐ないというほかない。


(寸評、提案大歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
空虚な議論
IPCCの地球温暖化シミュレーションは科学的に信頼できるものではないということをご存じですか。シミュレーションは理論ではないのです。シミュレーションにより温暖化するという結果が出たとしても何の説得力も持ち得ません。そのように考えるのが科学者の見識です。たちが悪いことにIPCCは学術界で耐えうる議論を行わずして、一方的に恐怖感をあおりながらマスメディアの力を利用して社会に公表し、まだ明らかになっていないことを事実として一般人にすり込んでしまいました。シミュレーションの問題点は初期条件を少しいじるだけで結果に大きな違いをもたらしてしまうことです。気候変動には自然界に生じている多くの振動現象が複雑に絡み合っているので、それらの要素を分離し明確にしなければ、正確なシミュレーションなどできようはずもありません。例えば、太陽の活動が地球上の生命に絶対的な影響を及ぼしていることは誰もが理解している事実です。しかし、その太陽の活動の事についてさえまだ科学的には明らかにされていません。IPCCは太陽活動の要素を気候変動にはほとんど影響しないとし、初期条件に組み込んでいないのです。大気循環に大きな役割を果たしている水分子のことについても同様に組み込んでいません。この様な事実を知った上でこの様なコラムを書かれているのなら、もう為す術はありませんが、もう少し公平に科学者の意見を聞かれたらいかがでしょうか。
 肉を生産し食べることを慎み、そこで使われていた飼料を貧困国にまわすことを現実化した方がよほど世の中のためになると思いますが。メタンの量も僅かばかり減るでしょうし。まだ解明もされていない事に振り回され現を抜かす暇があるのなら、明確に分かっている多くのやるべきことに着手した方がよいと思うのですが。
2009/03/24(火) 17:32:14 | URL | にこん #-[ 編集]
経済団体の意見広告は、先生のご指摘のように、「業界レベルの目先の利害に執着しているという印象」を受けます。
最近は、世のため人のためという考えを持つ経営者が少なくなったと感じます。

2009/03/24(火) 20:57:52 | URL | 赤坂亭風月 #-[ 編集]
生物多様性条約第10回締約国会議
2010年秋名古屋で「生物多様性条約第10回締約国会議」があります。

http://www.cop10.jp/aichi-nagoya/

地球サミットになればいいのですが、日本は恥をかくだけではないかと危惧しています。
2009/03/24(火) 21:27:48 | URL | 宮坂亨 #-[ 編集]
渋沢栄一の「君子の経営」
あの新自由主義路線が行き過ぎた結果、貧困・格差の拡大を生み出したため、いわゆる恵まれない人々、負け組に関心が集まる傾向があります。それはそれとして当然のことですが、目下の大きな問題としていわゆる勝ち組の質的劣化にもっと関心を向けるべきではないかと考えます。
地球環境問題がその具体例です。地球温暖化防止のため何をなすべきか、政府、企業、個人それぞれの立場で具体策を考え、実行するときです。ところが今回の経済界の意見広告は、ご指摘のように「抵抗勢力」に堕した経済界、という印象があります。これでは企業人に勝ち組を自負する資格はありません。時代が求める進路がみえなくなっています。
たしかに渋沢栄一の「君子の経営」、さらに「論語・算盤説」に学び、実践するときです。「平成の渋沢栄一」、出でよ! ということでしょうか。
渋沢の生誕の地、深谷市に渋沢記念館があり、そこで渋沢の講演録音を聞くことができます。企業経営者たる者は、一度その録音に耳を傾けて、性根を入れ替えたらいかがでしょうか。
2009/03/25(水) 10:16:10 | URL | 高岡雄 #-[ 編集]
企業人としての縁
いくつものコメントを頂戴しました。意見が多様であることは結構なことです。
ただ言えることは手遅れになってから慌てても遅すぎるということです。企業人は企業人としてそれなりの責任を果たすときではないでしょうか。同じ宇宙船・地球号に乗り合わせているわけですから、そういう縁は大事にしたいですね。
2009/03/26(木) 16:52:09 | URL | 仏教経済塾亭主 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。