「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
異風・年賀状
〈折々のつぶやき〉1

 安原和雄
 新年を迎えて、想うこと、感じたこと、ささやかに実践していること―などを気の向くままに記していきたい。〈折々のつぶやき〉と名づける。手はじめは「異風・年賀状」。(06年元旦掲載)

 謹 賀 新 年

 2000年元旦
 良き新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 さて20世紀最後の今春、小生、統計上の高齢者の仲間入りと相成る次第です。万般の感慨抑え難きものがありますが、とりわけ吉田兼好の『徒然草』の心境にこころ惹(ひ)かれるところがあります。

 「人間の儀式、いづれの事か去り難からぬ。世俗の黙(もだ)し難きに随(したが)ひて、これを必ずとせば、願ひも多く、身も苦しく、心の暇もなく、一生は、雑事の小節にさえられて、空しく暮れなん。日暮れ、途遠し。(中略)諸縁を放下(ほうげ)すべき時なり」(第百十二段)

 『徒然草』は21世紀にもなお日本文化の中に生き続けるに違いないとの感を深くしますが、その兼好の意にあやかって愚考するところあり、新世紀の明年から賀状を欠礼させていただきます。ご無礼の段、ご寛恕下さい。

 とは申しても、諸縁をすべて放下し、世捨て人になろうという気は毛頭ありません。今後とも21世紀の日本はいかにあるべきかに私なりに問いかけていく所存です。一期一会の精神を忘れず、人生道に精進を続ける気構えに変わりはありません。自由闊達な談論もよし、盃を傾けるのもまたよし。その機会あれば、万難を排して馳せ参じます。
 皆様のご多幸とご自愛専一を祈り上げます。   安原 和雄

▽世間の枠から飛び出してみる

 冒頭の「2000年元旦」は「2006年元旦」が正しいのでは? という疑問を持たれた方はきっとしっかり読んで下さるはずです。いや、間違いではありません。実は6年前の、世間様とはいささか異なる私の年賀状です。
 こころ惹かれるのは「諸縁を放下すべき」です。「もろもろの縁を棄ててしまえ」という意味ですから、浮き世の横並びのしがらみから自分を解放してみたら、という助言と受け止めました。

 こちらから賀状を出さなかったのに戴いた人々には、上記の賀状を次の添え書きとともに封書で送りました。 

 「吉田兼好にあやかって、いわゆる世間の枠をほんの少し飛び出してみました。決して早々と人生の手仕舞いをしようというわけではありません。毎年数百枚の賀状を1枚々々手書きすると、約1週間はかかります。年末の1週間を拘束されることから脱却してみたいとかねがね思っていました。
 来年が新世紀(2001年)という節目、今春、私が高齢者の仲間入りするという節目、つまり今年しかないこの節目を逃してはチャンスは2度と巡ってはこないと考え、思いついたことです。意のあるところをお汲みとり下されば、幸甚に存じます。
 賀状にもあるように、世捨て人になろうというわけではありません。必要に応じて手紙、ファックス等で相互接近を図ることに躊躇するものではありません」と。

 文中に「手紙、ファックス等で・・・」とあります。当時、私はまだE-メールとは無縁でした。時代の変化を感じます。

▽「やられた!」という感想も

 さて異風・年賀状への反応は?
 1つは「やられた!」で、これは少数派です。ある友人は「自分も欠礼の方向で考えていたが、踏み切れなかった。先を越されて残念」と口惜しがっていました。
 「なるほど、これもひとつの見識だな」もありました。

 次は「1年に1度のことだから、賀状交換くらいは続けてもよいのではないか」という横並びの常識派です。これが多数派です。「君がくれなくても、私は出すよ」と言った友人もいましたが、やがて音沙汰なし、となりました。
 3つ目は、無反応という反応で、結構多い。

 なかには「世捨て人になったの」というコメントもありました。賀状に「世捨て人になるつもりはない」と明記してあるにもかかわらずです。こういう反応をみると、賀状は多くの場合、読むのではなく、眺めるだけに終わっているな、と感じました。

 あれから6年、新しい友人もできました。以前に比べれば賀状は減りましたが、なお沢山届きます。
 返信を出すか、それとも?
 吉田兼好(鎌倉末期の歌人・随筆家)が今健在なら、なんとコメントするでしょうか。「諸縁の放下そのままに」でしょうか。あなたならどうしますか。


(寸評大歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなくて結構です)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
動機同感、手段はそれぞれ
今年、私も「統計上の高齢者の仲間入り」をします。「異風・年賀状」を出された動機にはまったく同感です。ただし、5年を経た今は、E-mailと言う紙も配達の人手も不要な手段が普及しています。今年から初めて、E-mailのできる宛先へは、全てメールで年賀の挨拶を送ることを試みました。その結果、年賀葉書の枚数は従来の半分以下になり、手間と費用が激減しました。年賀メールへの反応も概ね好評のようです。余談ですが、私個人のメリットの他に、もし、年賀状のメール化が進めば、紙の節約、即ち、森林伐採量の低減に繋がるかもしれませんね。以上、ご参考まで。
2006/01/03(火) 14:08:34 | URL | S.O. #-[ 編集]
メール年賀
コメントにある「メール年賀」はたしかにいまのメール時代に合った年賀状方式といえますね。
それとも若い世代の人は、すでにメール年賀が主流になっているのでしょうか。年賀状なんかにはもともと興味はないよ、という若い人も多いようですね。

毎日新聞(05年12月26日付)の「仲畑流万能川柳」に秀逸として「目標を書いて自分に賀状出す」が載っていました。
こういう賀状はメールではやはり無理ですね。この1枚だけを毎年自分宛に出し、友人宛のは全部メールにしますか。この手法もおもしろそうです。

コメントの最後にある「年賀状のメール化が進めば、紙の節約、即ち森林伐採量の低減につながる」という指摘は貴重です。
学校の期末試験で「年賀状と森林保護の関係について論ぜよ」というテーマを出したらどうでしょうか。学生たちはおもしろがって調べるのではないでしょうか。

『徒然草』の兼好法師が「メール年賀」の話を聞きつけたら、何とコメントするでしょうか。「やれやれ、付き合いきれないね」とつぶやいて、後は絶句でしょうか。
それとも「そんな面倒な話はもういい。お酒の熱燗(あつかん)で一杯どうだ」でしょうか。さて兼好法師は酒の縁も棄てたんでしたっけ?
2006/01/03(火) 16:10:28 | URL | k.y. #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。