「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
防衛利権の構造的巨悪にメスを
軍需専門商社元専務らの逮捕で

安原和雄
 東京地検特捜部は07年11月8日、軍需専門商社「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者(69)=日本ミライズ前社長=らを業務上横領などの疑いで逮捕した。防衛利権をめぐる疑惑にどこまで捜査の手が及ぶかが注目されるが、防衛省と特定の軍事関連企業との疑惑に視野を限定すべきではないだろう。
 今こそその底に潜む「政軍産官複合体」という構造的巨悪の存在に「市民の視点」で目を光らせ、メスを入れるときである。日米安保=軍事同盟を支える政軍産官複合体を聖域視する時代は終わりつつある。(07年11月10日掲載、同日インターネット新聞「日刊ベリタ」に転載)

▽大手6紙の社説はどう論じたか

 大手6紙の社説(11月9日付)はどう論じたか。見出しと主張(要点)を紹介する。
*朝日新聞=元専務逮捕 防衛利権の疑惑に迫れ
 兵器や装備品の調達にからむ不正や疑惑は後を絶たない。金額がふくらむうえに、機密の壁に囲まれ、外部から見えにくいのも一因だろう。
 戦前では、軍艦などの輸入をめぐり、旧日本海軍の高官らがワイロを受け取ったシーメンス事件が有名だ。戦後も70年代にP3C哨戒機やE2C早期警戒機の売り込みで政府関係者へ金が渡った疑惑が浮かんだが、解明に至らなかった。
 国会は(中略)特捜部まかせにせず、防衛利権の疑惑に迫ってほしい。

*毎日新聞=元専務逮捕 防衛利権の闇に切り込め
 前次官は(証人)喚問で、元専務との宴席に防衛庁長官経験者ら複数の政治家が同席したことも証言した。山田洋行が政界とどのようなつながりがあり、もたれ合う関係がなかったのかどうかについても、捜査を尽くして解明してもらいたい。
 防衛装備品の調達総額は年間2兆円にも達する。その巨額の利権の背後でうごめいているとみられる政官財界の癒着の構図をこの際、徹底してあぶり出すことを、特捜部の捜査に望みたい。

*読売新聞=元山田洋行専務 事件は防衛省まで広がるのか
 守屋前次官は2003年、航空自衛隊の次期輸送機(CX)のエンジン選定で、当時の防衛庁の装備審査会議の議長として米ゼネラル・エレクトリック社(GE)製の採用にかかわった。GEは、山田洋行と販売代理店契約を結んでいた。
 年2兆円に上る防衛装備品の市場は、製品の特殊性などからメーカーが限られ、随意契約の比率が高い。防衛省側と業者の癒着を生みやすいとされる。
 守屋前次官の職務権限に絡む便宜供与はなかったのか。実態の徹底解明を望みたい。

*東京新聞=元専務逮捕 防衛利権の闇を突け
 ゴルフなどの過剰接待の背後に、誰もが利権の存在を疑った。防衛省首脳と親密だった防衛商社元専務が東京地検に逮捕された。“軍”と「業」との癒着の実態や、利権の闇の徹底解明が望まれる。
 「政」への疑惑もある。旧防衛庁長官だった額賀福志郎財務相側と久間章生元防衛相側に、山田洋行から「結婚式の車代」が払われたとされる。ほかの防衛族議員にも、山田洋行から政治資金パーティーに多額の献金がなされている。昨年度までの五年間だけでも同社は百七十四億円もの巨額契約を受注し、しかもその九割が随意契約だった。
 そこに政・官が絡んでいたとしたら、防衛利権をめぐる大事件である。「闇」が「薮(やぶ)」となってはならない。「闇」の深奥まで捜査は迫ってほしい。

*日経新聞=防衛利権めぐる疑惑の徹底糾明を
主張(要旨)は略
*産経新聞=元専務逮捕 守屋前次官との癒着暴け
同上

 今回の軍需専門商社「山田洋行」(東京都港区)の元専務逮捕事件は一軍事関連企業と防衛省との疑惑にすぎないとみるのか、それともそれは「氷山の一角」であり、その底に潜む構造的巨悪に視点を注ぐのか、そこが問題である。上記の社説の中では東京新聞が「軍・業・政の相互癒着」の闇の実態に迫れ、という趣旨の主張を展開している点を評価したい。

▽兵器生産と「軍産複合体」の成長を懸念する社説

 東京新聞社説が言及している「軍・業・政の相互癒着」こそが構造的巨悪というべき存在である。ここで今から20年以上も前のこと、軍拡路線を走りつつあった中曽根政権時代の一つの社説(要旨)を紹介しよう。「兵器生産が成長するとき」と題してつぎのように書いている。

 1982年度(昭和57年度)の防衛調達(契約)総額が、ついに一兆円の大台を突破した。一兆円の大台乗せはもちろん戦後初めてである。(中略)今後の年間防衛調達額は一兆円をはるかに超える規模にふくらんでいくことは避けられない。
 軍拡の危険性を繰り返し指摘してきたが、防衛費突出とともに兵器生産もひとり歩きを始めたのだろうか。防衛調達額一兆円突破の意味を考えないわけにはいかない。

 まず指摘したいことは、兵器生産の増加とともに防衛費そのものが自己肥大していく危険である。戦闘機や護衛艦など高価な兵器はほとんど後年度負担方式と呼ばれるツケ払い方式によって調達される。たとえば最新鋭戦闘機F15は1機115億円で、83年度(昭和58年度)予算では13機、総額約1500億円分を認めたが、実際に予算に計上したのは、そのうちのわずか0.2%分の3億円強にすぎない。残りは全額後年度負担として次年度以降のツケに持ち越された。83年度防衛予算の後年度負担額は全部で2兆円にものぼっている。
 このツケは次年度以降の予算に計上される。このツケの支払い分が年々ふえており、いまでは防衛予算のなかで30%近くにまで達している。
 財政赤字下で財政再建が叫ばれながら、その裏では、実はこのような防衛費突出を促す事態が進行しているのである。

 わが国の兵器生産は三菱重工、川崎重工、三菱電機、石川島播磨重工、東芝、日本電気など少数の巨大企業に集中している。半面、兵器のエレクトロニクス化に象徴されるように高度の技術集約化が進むにつれて、技術力の高い中堅企業の防衛分野への進出もみられ、軍事関連企業数は年々ふえている。こうして防衛産業のすそ野は着実に広がりつつある。
 このことは、とりわけ景気低迷期には産業界に軍需への期待を抱かせ、それがまた防衛費を突出させていくという、双方のもちつもたれつの関係が成熟する危険なコースへと踏み込んでいく。

 長期的視野に立ったとき、経済の軍事化が日本経済の将来にとってプラスでないことは明らかである。
 なによりも、かつてアイゼンハワー元米大統領が警告した「軍」と「産」との相互依存体である軍産複合体が根を張っていくことを恐れる。政治、経済の両面にわたって「軍」の顔が大きくなると、それを押し戻すことはなかなかむずかしいからである。

 以上は毎日新聞社説(1983年4月11日付)で、筆者は実は私(安原)である。ここで取り上げられている83年度防衛予算規模(次年度以降に持ち越される後年度負担分を除く実際の支出額)は約3兆円で、その後脹らんで現在の07年度防衛予算規模は約5兆円となっている。
後年度負担方式というカラクリと並んでもう一つ、注目すべきことは、当時すでに「軍産複合体」が肥大化していく懸念を指摘している点である。この「軍産複合体」は今日、どこまで肥大化し、どういう存在になっているのか。

▽守屋事件は氷山の一角! 軍産癒着の温床を解体しよう!

 「みどりのテーブル」(環境・脱成長・平和の政党をめざす組織で、去る7月末の参院選東京選挙区で川田龍平氏の当選に尽力した)の情報メール(11月6日付)で流された「日米安保戦略会議にNO!を」と題した記事(要旨)を以下に紹介する。
 発信元は 杉原浩司氏(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)で、「守屋事件は氷山の一角!軍産癒着の温床を解体しよう」という主張には同感である。ここに登場している「日米安保戦略会議」はすでに終わったが、昨今の軍産複合体がどういう動きをみせているのかを知る手がかりになる。記事は次のような見出しから始まっている。

戦争屋の談合=「日米安保戦略会議」をぶっ飛ばせ!

軍事利権に関与する国防族・官僚の「ドタキャン」続出!
守屋事件は氷山の一角!軍産癒着の温床を解体しよう!

 2007年11月7日から9日まで「第10回 日米安保戦略会議」が東京・港区のニューピアホールで開催される。主催は超党派(自公民)の新旧国防族議員で作る「安全保障議員協議会」とブッシュ政権に極めて近い米「ネオコン」系シンクタンクの「ヘリテージ財団」、さらに日米安保の“フィクサー”を自任する秋山直紀が仕切る外務省所管の社団法人「日米平和・文化交流協会」と「中央政策研究所」である。

 今年のメインテーマは「新しいアジアと日米同盟」。パネルディスカッションは「日米軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結後における日本の責務」「新ミサイル防衛構想」「ミサイル防衛と日米防衛技術交流」「米国におけるNBCテロ対策」「中国の拡大する軍事的脅威」「サイバーテロ対策」の各テーマで行われる。また、恒例となっている米巨大軍需産業による兵器プレゼンテーションや兵器見本市(防衛装備展)も開催される。
 
 今回の戦略会議は向かい風にさらされている。守屋前防衛事務次官による軍産癒着事件の発覚を受けて、その最中で開催されることに批判が高まっている。発売中の『週刊ポスト』(11月16日号)は「日米防衛族『4兆8000億円利権』人脈図」という特集を組んだ。その中で「11月7日から都内で開かれる『日米安全保障戦略会議』― つまりは『兵器見本市』に注目せよ」と見出しを打ち、戦略会議への厳しい批判を展開している。

 それによると、守屋事件発覚と同時に、“VIPゲスト”たちが雪崩を打って“ドタキャン”を始めたようである。久間章生(入院)、石破茂、長島昭久(民主党「次の内閣」元防衛庁長官)、麻生太郎らの政治家に加えて、防衛省幹部で“守屋派の2K”と呼ばれる金澤博範(防衛政策局長)、河村延樹(防衛政策課長)も欠席に。『ポスト』は「『政官業』の癒着の温床となる条件がこれほどそろった舞台はないからこそ、守屋疑惑のさなか、出席予定の政治家や官僚が二の足を踏んでいるのではないのか」と書いている。
 
 また、『週刊文春』(11月8日号)も「自民・民主『防衛族議員』10泊11日『秘』米国ツアーリスト」という記事で、「過去の戦略会議では、基調講演した西岡喬・三菱重工会長が、武器輸出三原則の緩和や、その前提となる日米間の軍事機密情報保護協定の締結を求めており、日米政府は今年五月、締結に合意した。三菱に代表される日本の軍需産業が代理店契約で得る利益はいうに及ばず、アメリカ製兵器のライセンス生産や米国艦船の国内での修理を請け負うなど、半永久的に莫大な利益を得ることができるようになる」とのジャーナリストのコメントを紹介している。
 
 “戦争の親玉”である日米「軍産学複合体」の増殖にストップをかけるまたとないチャンスである。

▽「ミサイル防衛」という名の構造的利権と「政軍産官複合体」

 朝日新聞(11月10日付)によると、船橋洋一・朝日新聞社主筆は9日、東京都内の米国大使公邸で来日中のロバート・ゲーツ米国防長官と会見した。その際、長官は、北朝鮮の核兵器の脅威に対抗する形で、米国が「核の傘」と呼ばれる拡大阻止を今後も日本に提供し続けていく方針を、前日の石破防衛相や高村外相との会談で表明したことを明らかにした。ミサイル防衛(MD)での日米協力はそのためにも有用だと強調。北朝鮮の非核化が実現してもMD網は維持する考えを示した。
 
 特に注目すべき点は、MDに関するつぎの問答である。
― 仮に北朝鮮が非核化したらミサイル防衛は無用にならないか。
長官「そうは思わない。世界は非常に不確定で、15年後は予想できない。重要なのは、先を見通した軍事情報力と同盟関係の維持だ」

つまり北朝鮮が非核化(=10月3日の日中米韓露と北朝鮮の6者協議で合意した核の無能力化)を実現しても、日米協力によるミサイル防衛(日本政府はミサイルの導入・配置を03年12月の閣議ですでに決定している)は必要だと米国防長官が明言していることである。このミサイル防衛構想は当初は北朝鮮の核の脅威への対抗策として浮上したが、今では「世界は非常に不確定」という正体不明の脅威を理由にあくまでもミサイル防衛プランを続行していく姿勢を明確にした。
 飛来するミサイルをミサイルで撃ち落とすというミサイル防衛は、技術的な有効性が疑問視されているだけではない。総額1兆円を超える巨額の兵器ビジネスでもあり、財政赤字が巨額になる中で巨額の血税の浪費が半ば合法的に続いていく仕掛けである。笑いが止まらないのは日米の「政軍産官複合体」という闇に潜む構造的巨悪であろう。

 防衛省と兵器メーカー上位10社との契約額(2006年度・億円)はつぎの通り。
①三菱重工業2776 ②川崎重工業1306 ③三菱電機1177 ④日本電気831⑤I.H.I.マリンユナイテッド(石川島播磨重工と住友重機械工業の共同出資会社)446 ⑥富士通441 ⑦東芝423 ⑧石川島播磨重工業365 ⑨小松製作所363 ⑩富士重工業199
 これらの企業は年間1000万円から3000万円程度の自民党への献金を行っており、しかも防衛官僚のこれら兵器企業への天下りは、多い企業では100名近くに上っている。こうして「構造的利権の中の政軍産官複合体」と呼ぶにふさわしく、日本の政軍産官を腐食させる構造的要因ともいえる。

 1961年アイゼンハワー米大統領がその任期を全うして、ホワイトハウスを去るにあたって全国向けテレビ放送を通じて、警告を発した米国の「軍産複合体」は、今日では古典的な呼称となっており、これではその実態を十分に捉えきれない。
 今日の日本版政軍産官複合体はアメリカほど巨大ではないが、その構成メンバーは、首相官邸、国防族議員、防衛省と自衛隊、外務省、エレクトロニクスを含む多様な兵器メーカー、保守的な科学者・研究者、メディア―などである。だからもっと範囲を広げて「政軍産官学情報複合体」と呼ぶのが正確かもしれない。

 一口にいえば、日米安保体制=軍事同盟推進派のグループである。しかも日米安保体制=軍事同盟を軸に日米の政軍産官複合体は連合体となっているところに特色がある。この政軍産官複合体は聖域視されてもいるだけにその構造にメスを加えるには地検特捜部の手に余るところがある。市民の批判の目が求められる。
 

なお「軍産複合体」については06年7月13日付でブログ「安原和雄の仏教経済塾」に掲載した「MDでほくそ笑む軍産複合体―北朝鮮ミサイル〈脅威〉の陰で」も参照して下さい。

(寸評、提案歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなく、仮名でも結構です)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
六角形を崩すには
24年余りも前に、安原さんが「経済の軍事化が日本経済の将来にとってプラスでないこと」を警告されていたことに、驚くとともに敬意を表します。ところで、「政軍産官学情報複合体」という6つの分野が互いに補完しあって、日米安保体制を推進しているということですが、この六角形を崩し、悪循環を断つためには、ごく一般の市民としてできることにどんなことがあるでしょうか。小さな市民運動をしている立場として、政府寄り、及び、腰の引けた大手マスメディアが情報分野を牛耳っている現状を大変心細く感じています。どんな小さなことでも結構ですので、アドバイスをおねがいします。
2007/11/12(月) 09:20:22 | URL | 並野一民 #-[ 編集]
「六角形」をどう崩すか
並野一民さん、貴重なコメントをありがとう。しかしこの問いかけに的確に答えるのは六角形の構造を解き明かすことよりも難しいように思います。
こちらがむしろ知恵をお借りしたい気分です。重要なことは六角形をめぐる多様な構造、真実をできるだけ正しく認識する必要があります。

まず「腰の引けた大手マスメディア」というご指摘が重要だと思います。昨今のメディアは、日米安保体制=軍事同盟を批判する視点を見失っています。「日米同盟」のためにどう「国際貢献するか」などと無造作に書いているメディアが少なくありません。
海外での米軍事基地を足場にした米国の覇権主義がどれだけ世界を混乱と破壊に追い込んでいるか、それに協力することは国際貢献どころか、百害あって一利なし、といえます。

つぎに年間約5兆円の日本の防衛費が本当に必要なのか、疑問の目を向けることです。もともと軍事費は巨大な浪費にすぎません。にもかかわらず軍事力依存症にかかっているのは、それこそ六角形の一員として、その利権を食い物にしている輩ではないでしょうか。

もう一つ言えば、いずれ消費税引き上げが浮上します。メディアの多くは赤字財政再建のためには消費税引き上げが必要と主張し続けています。そういうメディアに共通していることは、5兆円の軍事費の存在には目もくれないことです。軍事費の削減が不可欠であり、これを聖域視することは許されないでしょう。

昨今の情勢下では消費税引き上げを阻止することが実は六角形の利権構造を突き崩す大きな一石になるといえます。
わたし自身は消費税を全廃して、高率の環境税を導入すべし、とかねてから主張しています。
重要なことは軍事力増強ではなく、地球環境問題に全力を挙げて取り組むことです。軍事力強化は地球環境の汚染・破壊に手を貸すだけです。そういう構造を支援する結果となる消費税上げを阻止することが重要です。
以上は対抗策の一端にすぎませんが、メディアが余り取り上げていない点だと思います。
2007/11/12(月) 12:18:32 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
浮上してきた日米防衛人脈
 朝日新聞(11月16日付)によると、防衛省の守屋武昌・前事務次官は11月15日、参院外交防衛委員会での証人喚問で、軍事専門商社「山田洋行」元専務の宮崎元伸容疑者=業務上横領などの容疑で逮捕=との宴席に額賀福志郎財務相と久間章生元防衛相が同席していたことを明らかにした。額賀、久間両氏は防衛庁長官経験者で、喚問終了後、いずれも「記憶にない」と話した。

 守屋氏の証言によると、額賀氏が出席した会合は一昨年くらいで、米国防総省のジェームズ・アワー元日本部長が来日した時に東京・神田の料亭で開かれた。守屋氏が出向くと、すでに宮崎元専務がおり、次いで額賀氏が顔を見せたが、最初に帰った。

 久間氏が参加した宴席は2、3年前、東京・六本木の料亭で開かれた。日米の国防族議員らによる年2回のシンポジウムを主催する「日米平和・文化交流協会」の秋山直紀・常務理事から「大臣と飲むから来ないか」と誘われ、出向いたという。守屋氏が到着して間もなく久間氏は引き揚げ、その後は守屋氏、秋山氏、宮崎元専務の3人で飲んだという。話した内容は「覚えていない」と述べた。

 以上の記事を受けて、朝日新聞(同日付)はさらに「日米防衛人脈、明るみに」という見出しでつぎのように報じた。要旨を紹介しよう。

 防衛産業も含めた「政・官・業」の不透明な防衛人脈が、15日の証人喚問でうっすらと浮かび上がってきた。
 日米平和・文化交流協会は、元防衛庁長官の瓦力氏が会長を務め、旧間氏や民主党の前原誠司前代表ら与野党の国防族、日本の軍授産業幹部、コーエン元国防長官など米国国防関係者も理事に名を連ねる。いわば「日米政界と軍需産業をつなぐパイプ役」の団体だ。
 「交流の場」の中心人物が、その世界で「フィクサー」とも呼ばれる秋山氏。同氏は金丸信・元自民党副総裁(故人)と近く、旧経世会人脈に強いと言われている。(中略)
 同協会は、毎年5月の大型連休中には米国、秋には東京で、日米国防族議員らが交流する「日米安全保障戦略会議」を開催している。今年5月には額賀氏を団長に「訪米ツアー」を実施した。同会議の目的について瓦氏は「政官学産の枠を超えた交流」と紹介したが、癒着の温床との指摘もある。

 以上の記事は、ブログ「安原和雄の仏教経済塾」(11月10日付)に掲載した記事「防衛利権の構造的巨悪にメスを」と一部重なり合っているが、それはともかく構造的巨悪の呼称は〈「政・官・業」の不透明な防衛人脈〉、〈政軍産官複合体〉、〈六角形複合体〉(政軍産官に学、情報を加える)―などと多様であっていい。
ともかく日本版「軍産複合体」の癒着構造から目を離せない事態となってきた。
2007/11/16(金) 13:06:46 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
政軍産官複合体
「とむ丸の夢」さん、大兄のブログを拝見しました。拍手もしました。私の昔の社説をわざわざ紹介し、それに私のブログも勧めていただき、感謝します。

「釈迦に説法」でしょうが、日本は今大きな岐路に立っているように思います。その焦点の一つが政軍産官複合体です。それぞれの視点からどう切るかが問われています。
一層のご自愛、ご活躍をお祈りします。
2007/11/22(木) 18:27:36 | URL | 安原和雄 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
久しぶりに安原和雄の仏教経済学を読んでみると、毎日新聞論説委員として書かれた20年前の社説が載っていました。あらためて安原さんの慧眼に感じ入ります。 中曽根政権時代、軍事関連の契約高が1兆円を超えたとき、氏が書
2007/11/21(水) 14:26:27 | とむ丸の夢
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。