「もっともっと欲しい」の貪欲の経済から、「足るを知る」知足の経済へ。さらにいのちを尊重する「持続の経済」へ。日本は幸せをとりもどすことができるでしょうか、考え、提言し、みなさんと語り合いたいと思います。(京都・龍安寺の石庭)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
つもり違い十ヶ条
〈折々のつぶやき〉26

安原和雄
 近隣の味で評判の寿司屋さんからお土産として貰った一枚の紙片に「つもり違い十ヶ条」と題して、以下のようなことが記してある。読みながら、「うん、うん」と感心した。こういう感覚で自らの心の内を折々にのぞいてみるのも、無駄ではないだろう。
 今回はお土産話第4話「子供を悪く育てたい14ヶ条―和尚のひとりごと」(06年10月23日掲載)につづく第5話。〈折々のつぶやき〉26回目。(06年11月29日掲載)

 以前に芭蕉の名句、「閑(しづか)さや 岩にしみ入る 蝉の声」で知られる山寺(山形市にある立石寺の通称)を訪ねた折に同じ「十ヶ条」をみたように記憶している。この手のものはあちこちにあるのだろう。(かっこ内は安原のコメント)

一、高いつもりで低いのが教養
(高い低いをいう前にそもそも教養ってなんですかねえ。ただの物知りではいただけない。「行動力をともなった見識」と理解すれば、そういう人物は、どこを探せば、見つかるのでしょうか)

二、低いつもりで高いのが気位
(そういえば「気位の低い人」という言葉はあまり聞きません。もっとも昨今は「気位」という感覚自体がどこかへ吹っ飛んでいるような印象もあります)

三、深いつもりで浅いのが知識
(深いつもりでいることこそが、浅知恵でしょうか。ただし知識と知恵は質が違います。知恵〈仏教では「智慧」と書く〉には道理と美と実践力が伴います。例えば食事前の「いただきます」の含蓄、つまり「動植物のいのちをいただき、自らのいのちをつなぐ」の意を理解し、そのいのちを日常の中でどう生かすかに思いをめぐらせること)

四、浅いつもりで深いのが欲の皮
(これが貪欲という質の悪い欲望であって、だからこそ知足=足るを知る=への自覚が求められるのです)

五、厚いつもりで薄いのが人情
(昨今「厚いつもり」の人情を自覚し、実践している人が果たしてどれくらいいるのでしょうか)

六、薄いつもりで厚いのが面の皮
(弱肉強食、成果主義の激浪の中で人を足蹴にして、沈ませながら、自分は何とか浮いていて勝ち残った気分に浸っている、ごく一握りの連中の別称、それとも蔑称? 「お陰様で」という感謝の心を無くした輩たちの先に待っているのは、やはり「高い塀の中」でしょうか)

七、強いつもりで弱いのが根性
(とくに若者の根性がもっと強くならないと、社会の土台が大きく揺らぎます。世間を騒がせている「いじめ」に敢然と向き合うためにも)

八、弱いつもりで強いのが我
(「俺が、俺が」と小我を張っていると、人生の幅が狭くなります。こういう人は本当は弱虫なのかもしれません)

九、多いつもりで少ないのが分別
(学力重視の教育では判断力を意味する分別は身につきません。もっとも仏教では小我にとらわれた分別は、望ましい知恵にほど遠く、評価しませんが・・・)

十、少ないつもりで多いのが無駄
(身の回りの無駄から生産・消費に伴う膨大な廃棄物に至るまで無駄があふれています。安倍政権は「経済成長」の旗を振っていますが、これは別名「無駄のすすめ」にほかなりません。やはり「もったいない」精神の普及が急務でしょうか)


(寸評、提案歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなく、仮名でも結構です)
スポンサーサイト
よく生きるには、よく噛むこと
〈折々のつぶやき〉25

安原和雄
 このごろ想うこと、感じたこと、ささやかに実践していること―などを気の向くままに記していきたい。〈折々のつぶやき〉25回目。(06年11月22日掲載)

 最近の新聞は真実を書かなくなった、という声があちこちから聞こえてくる。これは一理ある声である。ただ新聞の読み方はもちろん「人それぞれ」で、同じ記事を読んでも、人によって理解の仕方が随分異なっている。要は読む人が新聞に何を求めているか、である。読み方によっては、新聞は知恵の宝庫ともいえる。

▽歯並びの矯正がもたらしたマラソン優勝

 私が最近、おもしろい記事だと感じた事例を紹介したい。
 去る11月19日(日)に行われた東京国際女子マラソンで土佐礼子選手がシドニー・オリンピックのマラソンで優勝した高橋尚子選手を大きく離して優勝した。ここで注目したいのは、その勝因は何かである。

 朝日新聞の記事(11月20日付)が興味深い。次のように伝えた。
 夫の村井啓一さんが昨年5月、土佐選手にアドバイスした。「歯を矯正したら。絶対いいから。かみ合わせが良くなると体のバランスも整う」と。この唐突なアドバイスには土佐選手も驚く一方、「歯並びがコンプレックスだった本人も、見た目がよくなって喜ぶ」ようになり、それまでの足の骨折などの故障もなく、順調な調整に成功した。
 それが今回の優勝に結びついた。歯並びの矯正がもたらした成果というわけである。

 「えっ、本当?」という印象を受けるだけに、これは考えてみるだけの値打ちがある。実はその3日前、同じ朝日新聞の「私の視点」(11月17日付)に歯科医師の不二崎正径さんが「かむ習慣 機能障害の予防は早めに」という提案を寄せていた。私はこの一文を読んでいたので、双方の記事がすぐに重なり合った。

▽よく噛む生活習慣を取り戻すには

 「私の視点」の趣旨は「現代っ子のかむ機能に異常が出始めている。よくかむ生活習慣を育成することが急務」と以下のように指摘している。
*歯並びが悪いため上下の歯がしっかりかみ合わず、あごの動きがスムーズではない小中高校生が多い。その結果、食物の消化吸収が低下し、口を開けた時にあごが痛い、十分に口が開かない、あごがガクガクする、肩こり、頭痛、腰痛、情緒不安定などの症状が複合して起きかねない。

 ではかむ機能を十分に発揮するにはどうすればいいか。
*よくかむ食事習慣をつくること。
テレビを見ながら食べると、かむことや親子の会話もおろそかになるので、避けて欲しい。一人で食事するときも、テレビや新聞を見ながら食べない。よくかまなくなり、食材や料理人への感謝の気持ちも薄れるからだ。

*かみごたえのある食材を使うこと。
軟性食品があふれているので、家庭や学校でかみごたえのある食材を多く使って欲しい。かむことは子どもの知能の発達にも不可欠だ。かむ刺激が多いほど、脳の血流量が増えて、脳が活性化するからだ。

*歯を食いしばる経験を積むこと。
子どものかみ合わせの育成には、遊びの中で歯を食いしばったり、親子で力を合わせる作業や体を鍛える活動をしたりすることも必要だ。

▽「もっと勉強を」と口うるさく言うよりも

 以上の提案には諸手をあげて賛成したい。土佐選手の勝因もそれなりに理解できるように思っている。
 私自身は食べ物を口に入れたら、少なくとも30回は噛むようにしている。孫たちにはよく注意する。「そんな噛み方ではダメだ。もっとしっかり噛みなさい」と。
 親が自分自身の子ども時代の反省もなく、「もっと勉強を」と子どもに口うるさく言うよりも「もっとよく噛んで」と教える方が、子どもの成長にも、いま話題のいじめ対策にもはるかに効果があるような気がする。

 この日常の行為によって、それこそ複合的な効果が期待できるのではないか。「よく生きるには、よく噛むこと」が何よりの出発点であることを強調したい。


(寸評、提案歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなく、仮名でも結構です)

えっ、日本は非武装国家なの?
「米国の傘」は本当に安全か

安原和雄
 毎日新聞(06年11月10日付夕刊・東京版)の梅棹忠夫さん(京大人文科学研究所教授などを経て、現在、国立民族学博物館顧問)とのインタビュー記事にはちょっぴり驚いた。2ページ目のほぼ全面をつぶす「特集ワイド」で、真ん中に「非武装の先頭走者や」という大きな活字が躍っている。脇見出しに「米国の傘に入っとったらよろしい」とある。
 一読して「いつから日本は非武装国家になったの?」、「米国の傘は本当に安全なのか」という疑問を抱いた。繰り返し読んでみると、それほど単純な話でもないらしい。これは一例にすぎないが、最近の新聞記事は、真意を理解するのに骨が折れるものが少なくない。(06年11月15日掲載、同日インターネット新聞「日刊ベリタ」に転載)

 以下に梅棹節(ぶし)・非武装論と「核の傘」論を私なりのコメントつきで紹介したい。

▽「世界のトップランナーや。非武装国家でね」

 まずこう語っている。
 「今の日本は、かなりいい状態にあると見ていますよ。世界のトップランナーや。非武装国家でね」と。
 これだけで判断すれば、「今、日本は非武装国家として世界のトップランナーだ」としか読みようがないだろう。そういう意味なら、事実に反する。日本は非武装どころか、すでに軍事強国の地位にある。以下に関連データ(防衛庁編『平成18年版防衛白書』から)を紹介する。

*年間の防衛費(軍事費)は約5兆円=年間の軍事費ベースでは世界の軍事費全体(約1兆ドル=110兆円超)の半分近くを占める米国は別格として、次にランクされるのが英、仏、日本などである。
*自衛隊員の定員(06年3月末現在)=約25万人(うち現員約24万人)
*主な兵器保有数(同上)
・戦闘機371機、輸送機112機
・護衛艦(軍艦)53隻、潜水艦16隻
・戦車950台、装甲車950台、ロケット弾発射機等1,670機
*日米安保=軍事同盟下の日本列島は米国の「核の傘」の中にある。世界の核弾頭保有数約3万発のうち米国の保有数は「1万300発以下」といわれる。地球を何回も破壊できる核保有数である。

▽「国家の武装を解くことが、これからの世界の歩むべき道」

 次のようにも語っている。
 「自衛隊が名残としてあるが、軍はない。豊臣秀吉が刀狩りで農民の武装解除をしたように、国家の武装を解くことが、これからの世界の歩むべき道です。日本はその先頭に立っている。自信もったらええ」と。
 この言い分もなかなか理解しにくい。まず「自衛隊は軍隊ではない」と言いたいらしいが、これは歴代保守政権のごまかし答弁そのままの語り口であり、心底そう思っているとしたら、梅棹先生、いささかお人好しすぎないだろうか。

 次に「国家の武装を解くことが、これからの世界の歩むべき道」という主張は正論であり、諸手を挙げて賛成したい。ただこれにつづく「日本はその先頭に立っている。自信もったらええ」もまた理解するのがむずかしい。
 平和憲法9条(戦争放棄、軍備及び交戦権の否認)の規定ではたしかに世界の先頭に立っている。しかし今の安倍政権はこの9条を改悪し、正式の軍隊としての自衛軍を保持しようと目論んでいるのだから、決して先頭に立っているわけではない。その反対である。後ろへ向かって走りつつあるのである。

 ここはこう言い直したら、いかがなものか。
 「日本は憲法改悪などはやめて、9条の理念を生かし、軍事強国の中で国家の武装を解く先頭に立ってほしいものだね。そうすれば、日本人として世界に向かって誇りと自信をもてるのではないか」と。

▽「核競争を始めたら、世界は破滅の道や」

 梅棹さんは、安倍首相が憲法9条について「時代にそぐわない」と改憲を公言していることには手厳しい。次のように述べているところは教えられる。
 「戦争の悲惨さちゅうもんをどう思うてるのや。60年もたつと、格好ええとこだけ思い出して、あとは忘れる。戦争体験を持たない人は、気をつけなあかん。怖さを知らんから。そんなばかげたことを考えてる人があったら、みんなで阻止せなならんな」と。
お説の通りである。100%賛意を表したい。

 北朝鮮の核実験後の自民党政調会長や外務大臣から繰り返される「核保有論議」については次のように語っている。
 「なにをゆうてるか。核競争を始めたら、世界は破滅の道や。今は、もし外敵が来よったら、米国に排除してもらうことになっとる。せっかくそういう恵まれた状況にあるのだから、米国の傘の中に入っとったら、よろしいがな」

 「核競争を始めたら、世界は破滅の道や」という認識はその通りであり、これまた100%共有認識としたい。ただ後段の「米国の傘の中に入っとったら、よろしいがな」という認識は共有できない。「米国の傘」とは、「核の傘」以外ではありえないだろう。
 「核は世界破滅への道」という正しい認識をもちながら、なぜ米国の核の傘なら、是認できるのか。米国の核だけは正義の核だ、とでも言いたいのだろうか。不思議である。広島、長崎に原爆を落としたのは、実は当のアメリカそのものであることをまさかお忘れになったわけではないだろう。

▽「外敵が来よったら、米国に排除してもらう」は本当?

 「もし外敵が来よったら、米国に排除してもらうことになっとる。せっかくそういう恵まれた状況にあるのだから・・・」という認識も気にかかる。他国への依存症もここに極まる、という印象である。なぜそう言えるのか。

 歴史的経緯からいって、日米安保体制は日本側の要請によって米国が自国の意志に反して引き受けたのではない。その逆である。米・中ソ対立(米国と中国・ソ連との軍事的対立)を背景に米国の世界戦略の一環として、日本はアジアにおける「反共産主義の砦」と位置づけられ、沖縄を中心に巨大な米軍基地網の配置を日本は「美しき日本列島」上に許容することになった。日米安保条約で米軍の基地を受け容れたわけで、これこそ米国の押しつけである。

 しかしやがて米中は握手し、さらに米ソ冷戦時代も終わり、ソ連は崩壊し、現在では中国、ロシアは米国の敵対国ではなくなった。目下、「敵対国」とされているのはブッシュ米大統領の唱える「悪の枢軸」としてのイラク、イラン、北朝鮮である。しかも正当性を欠く米国主導のイラク攻撃に象徴されるように、飛び抜けて強力な軍事力を盾にした米国の単独覇権主義の無慈悲な振る舞いが目に余る。
 その単独覇権主義のための前進基地として日本列島は、米国にとってまさに不沈空母ともいうべき機能を果たしている。米国にとってはそれほど貴重な日米安保体制といえるのである。

 重要なことは、米国が日本を外敵から守ってくれるのではなく、仮に米国が北朝鮮と一戦を交えるような事態になったとき、日本が米国を軍事的に支援することになる点である。それが安倍政権になってから急速に具体化しようとしている「集団的自衛権の行使」という問題である。ここを見逃してはならないだろう。

 例えば、日本海で日本の護衛艦が米艦と行動を共にしているときに、米艦が北朝鮮を挑発し、その結果、攻撃されれば、日米軍事同盟下の集団的自衛権の名のもとに日本の護衛艦もそれに反撃できるという筋書きである。
 だから日本が「もし外敵が来よったら、米国に排除してもらうことになっとる。せっかくそういう恵まれた状況にあるのだから・・・」などとみるのは錯覚であろう。

▽錯覚、思いこみから解放される着眼点はなにか

 安全保障論には大別して「国家の安全保障」、「人間の安全保障」、さらに「いのちの安全保障」の3つがある。
 良くないのは「国家の安全保障」すなわち「国家権力中心の安全保障」で、「安全」「平和」を売り物にしながら、その実、人間やいのちを虫けら(虫たちに失礼!)のように蔑(ないがし)ろにし、世界を破壊と殺戮に追い込んでいる。なにかといえば軍事力を振り回す国家テロリスト集団とでもいえるような存在である。米国主導のイラク攻撃がその一例であろう。米国をはじめとする軍事強国はすべてこの安保論に立っている。

 こういう国家安全保障を信奉する確信犯たちは別にして、多くの心美しき善良な人々が錯覚、思い込みによって陥っている国家安保論の悪しき罠から自由になるには何が必要か。

 まず第一に軍事力は安全や平和のために本当に役に立っているのか、を考えてみること。
 ヒントとして米国の金融、国防総省など中枢部を航空機という非武装的手段で襲撃した「9.11テロ」(2001年)を世界最強の米国軍事力をもってしても防ぐことができなかったという事実、さらに米国主導のイラク攻撃の挫折―などを挙げたい。

 第二に日米安保=軍事同盟は本当に「日本のための安全と平和の砦(とりで)」なのか、と疑問符を投げかけてみること。
 そうすれば、異なった視界が開けてくる。例えば米軍にとっては在日米軍基地がイラクへの出撃基地として役立っている。大事なことはイラクが日本を軍事的に攻撃したのかどうかである。事実は決してそうではない。それとも日本が米国の軍事攻撃に協力しなければ、イラクが日本を攻撃するとでもいうのだろうか。これまたそうではない。
 イラクへの攻撃はもともと大義がなかったのであり、先の米国の中間選挙でブッシュ大統領の共和党が大敗したのも当然の成り行きである。

 なお関連記事として、この仏教経済塾に掲載の以下の記事を参照してください。
*なぜ核廃絶を主張しないのか―北朝鮮の核実験と異常なメディア(06年10月15日掲載)
*首相の「美しい国」を批判する―その時代錯誤にして危うい方向(同年10月2日掲載)
*ふたたび日本を滅ぼすのか―針路誤る安倍自民党丸の船出(同年9月27日掲載)
*MDでほくそ笑む「軍産複合体」―北朝鮮ミサイル「脅威」の陰で(同年7月13日掲載)


(寸評、提案歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなく、仮名でも結構です)
広がってきた「もったいない」
足利知足塾ともったいない学会

 安原和雄
 足利知足塾(塾長・柿澤さな江さん、顧問・安原和雄)の会報「野の花通信」(2006年10月24日付)が届いた。この知足塾は05年7月、栃木県足利市、柿の実農園内のそば屋さん「大海戸・だいかいど」(店主・柿澤一雄さん)にて「食と農」に関心を抱く地元の人々が集まり、発足したもので、それ以降、知足(=足るを知ること)にまつわる多様な活動を繰り広げている。
 今回は足利知足塾における「もったいない」をテーマとする美術展開催のほか、もったいない学会の発足など広がる「もったいない」の近況を報告する。(06年11月7日掲載、同月9日インターネット新聞「日刊ベリタ」に転載)

▽「もったいない」を合い言葉に美術展を開催中! 

以下は会報「野の花通信」による便り(趣旨)の紹介である。

 柿の実農園での今年の「小さな美術展」テーマは「もったいない」としました。ケニアのマータイさんの考えと実践に共感して取り組むものです。
 一番大事にしたいのは、「リユース」(再使用)。一度使ったものでも、まだ役に立つものであれば、心をこめて大事に使いたいですね。「リユース」作品として、羽織から作った着物や着物地で作った壁掛け、帯で作ったバッグ、七五三の着物をベストにしたものなどが出品されました。

 「リデュース」(ごみ減量)は、毎日の心がけとしたいものです。必要以上に買わない、使わない。私もこの頃は、簡素な生活で満足できるようになりました。知足の考えもここにあると思います。
 「リサイクル」(再生利用)は、よく考えながら実行したいと思います。今回は、佐野にある「アークス」という通所施設で作っている廃油から作ったせっけんとアロマキャンドルを展示します。
 そのほかに、自然の蔓を利用して籠を編んだものや、藁草履(わらぞうり・自作ではなくお土産屋さんで買ってきました)もあります。
 絵手紙は、今回も昨年出品してくださった皆さんにお願いしました。
 いのちと物を大切に思う人たちの作品展です。

*展示期間=11月4日から12月31日まで。
 ただし、そば店「大海戸」(柿の実農園=足利市大岩町428、電話090-1610-2134)の営業時間中で、土、日曜日の午前11時半から午後3時まで。
 食事をしないで作品を見るだけでも結構です。「もったいない」をみんなの合言葉にしていきましょう!

 なお柿の実農園での秋の収穫祭を次の日程で実施します。 
*11月23日(祝日)午前10時より
 そば打ち体験(一人1000円 持ち帰りもできます)、3名募集。
*同日12時より収穫祭食事開始、参加費=1人1000円 
メニューは、自家栽培の新そば、煮物、天ぷら、サラダ、おしんこ、飲み物、デザート。アルコールは別料金。定員は30名を予定。
*参加者は、事前のご連絡をお願いします。

▽石油依存の生活から脱却しよう!

 毎日新聞(11月5日付)は、以下のような見出しの記事を報じた。興味深い記事なので紹介したい。
 見出し=もったいない学会が発足―石油依存の生活から脱却しよう
 記事(一部)=今後10年以内に世界の石油産出量がピークを迎えるという「石油ピーク」説を背景に、石油依存からの脱却と生活スタイルの変革を唱える人たちが、「もったいない学会」(会長・石井吉徳東京大名誉教授)を発足させた。「もったいない」を100万人の国民運動にすることを目標にしており、年明けにNPO法人を設立する予定だ。

 同学会の「設立声明文」(要旨)は以下の通り。
*地球は有限である。人間の「飽くなき欲望」をそのままに、持続型社会などありえない。
*対策としてはまず「脱浪費」で、「もったいない」はその行動原理である。
*具体策は、車の多用を止め燃費の良い車に乗る、鉄道などの大量輸送機関を利用する、地方を大切にする、石油依存型農業を見直す、ポリ袋を止める、商品の梱包を見直す―など「脱無駄」を工夫する。

▽「もったいない」を重視する仏教経済学

 以上の設立声明文の大筋には賛成したい。私は数年来、「もったいない」精神の再生とその普及が必要であることを説いてきた。多くの大学経済学部で教えている現代経済学は破産状態にあるととらえており、それに替わる新しい21世紀型経済思想として、釈尊の教えを経済や暮らしに生かす仏教経済学の構築が重要であると考える。

 仏教経済学の八つの柱として、いのちの尊重、知足、簡素、非暴力(=平和)、多様性、共生、利他、持続性―を挙げることができる。いずれも現代経済学には欠落している柱である。このように知足(=足るを知ること)、さらに簡素、持続性を重視する仏教経済学の観点からいえば、「もったいない」は大いに強調しなければならない。

 この「もったいない」にかかわるキャンペーンは、毎日新聞がケニアの環境保護運動家、ワンガリ・マータイ女史(04年ノーベル平和賞受賞)と連携して進めている。05年2月に初来日したマータイさんは仏教精神に基づく「もったいない」という言葉に出会って感動し、それ以来「MOTTAINAI」を環境保護の世界共通語にすることを念じて、国連をはじめ世界各地を行脚している。

 先日夕刻、東京・銀座を歩いていたら、背後から「もったいない」を連呼する声が聞こえてきた。振り返ってみると、銀座ど真ん中のビル壁面のビデオに映し出される女の子数人が踊りながら連呼している。一瞬「もったいない、もここまで広がってきたか」という感慨を抱いた。

なおこの仏教経済塾に掲載している「仏教経済学ともったいない」の関連記事は次の通り。
*なぜ〈仏教〉経済学なのか?―仏教経済学とみどりの思想(つづき)=06年7月26日掲載
*仏教経済学と八つのキーワード―新たに多様性を加える=06年7月19日更新
*足利知足塾が発足―21世紀は知足の時代=05年8月15日掲載


(寸評、提案歓迎! 下記の「コメント」をクリックして、自由に書き込んで下さい。実名入りでなく、仮名でも結構です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。